• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 著作物利用

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > オリックスはなぜ優勝できたのか

新書|詳細

オリックスはなぜ優勝できたのか

オリックスハナゼユウショウデキタノカ
2021年12月15日発売
定価:1,210円(税込み)
ISBN 978-4-334-04582-1
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

オリックスはなぜ優勝できたのか苦闘と変革の25年喜瀬雅則/著

下馬評を大きく覆し、2年連続最下位からのペナント制覇は、いかに成し遂げられたのか? 逆に、なぜかくも長き暗黒時代が続いたのか? 黄金期も低迷期も見てき
た元番記者が豊富な取材で綴る。
1994年の仰木彬監督就任まで遡り、イチロー、がんばろうKOBE、96年日本一、契約金0円選手、球界再編騒動、球団合併、仰木監督の死、暗黒期、2014年の2厘差の2位、スカウト革命、キャンプ地移転、育成強化、そして21年の優勝までを圧倒的な筆致で描く。
主な取材対象者は、梨田昌孝、岡田彰布、藤井康雄、森脇浩司、山﨑武司、北川博敏、後藤光尊、近藤一樹、坂口智隆、伏見寅威、瀬戸山隆三、加藤康幸、牧田勝
吾、水谷哲也(横浜隼人高監督)、望月俊治(駿河総合高監督)、根鈴雄次など。

目次

プロローグ 2021年キャンプ
第一章 がんばろうKOBE
第二章 契約金0円
第三章 仰木彬と梨田昌孝
第四章 バッファローズ継承
第五章 岡田彰布と森脇浩司
第六章 スカウト革命
第七章 宗佑磨 吉田正尚 山本由伸
第八章 キャンプ地移転 育成強化
第九章 ラオウ杉本裕太郎
第十章 紅林弘太郎
終 章 T―岡田
エピローグ 3つの跡地

著者紹介

喜瀬雅則(きせまさのり)
1967年神戸市生まれ。スポーツライター。関西学院大学経済学部卒。90年に産経新聞社入社。94年からサンケイスポーツ大阪本社で野球担当として阪神、オリック
ス、近鉄、ダイエー、中日、アマ野球の番記者を歴任。2008年から8年間、産経新聞大阪本社運動部でプロ・アマ野球を担当。産経新聞夕刊連載「独立リーグの現状 その明暗を探る」で11年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。17年7月末に産経新聞社を退社。以後は業務委託契約を結ぶ西日本新聞社を中心にプロ野球界の
取材を続けている。著書に『牛を飼う球団』(小学館)、『不登校からメジャーへ』『ホークス3軍はなぜ成功したのか?』(いずれも光文社新書)、『稼ぐ! プロ野球』
(PHPビジネス新書)がある。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社