• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 理系研究者の「実験メシ」

新書|詳細

理系研究者の「実験メシ」

リケイケンキュウシャノ「ジッケンメシ」
2021年5月19日発売
定価:1,056円(税込み)
ISBN 978-4-334-04542-5
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

理系研究者の「実験メシ」科学の力で解決! 食にまつわる疑問松尾佑一/著

「ポップコーンの白い部分は何でできている?」「炎天下の車のボンネットなら目玉焼きが作れそう」――ふとした瞬間に湧き上がる食に関する様々な疑問、一度は感じたことがありませんか? 本書ではそんな疑問に大学で生物学を教える研究者が実際に実験して体当たりで解決します。
世界最小の調理器具を作ろうとして、ポケットインサイズのポップコーン製造機を自作してみたり、いつでも美味しい手作り納豆を食べられるように、家でできる納豆の作り方を模索してみたり――。成功あり、失敗あり、ハプニングありのちょっぴり大人な自由研究がお腹と知的好奇心を満たします!

目次

はじめに
第1章:遠心分離コーヒー
第2章:ソーラー炊飯器
第3章:自家製納豆の最適解
第4章:インスタントラーメンの限界点
第5章:ポケットポップコーン
第6章:自転車バター
第7章:平均化クッキー
第8章:超音波泡盛
第9章:タクアン製造マシン
おわりに

著者紹介

松尾佑一(まつおゆういち)
1979年、大阪府生まれ。大阪大学大学院工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。国立大学で研究教育職に従事。専門は放射線生物学、分子生物学。2009年に『鳩とクラウジウスの原理』で野性時代フロンティア文学賞を受賞し、デビュー。新書は本書が初めて。これまでに『生物学者山田博士の奇跡』『生物学者山田博士の聖域』(以上、角川文庫)、『彼女を愛した遺伝子』(新潮文庫nex)など、科学や科学者にまつわる題材をもとにした小説を数多く手がけている。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社