• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 相続地獄

新書|詳細

相続地獄

ソウゾクジゴク
2021年1月20日発売
定価:836円(税込み)
ISBN 978-4-334-04518-0
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

相続地獄残った家族が困らない終活入門森永卓郎/著

日本人の平均寿命は女性が87・45歳、男性が81・41歳と、ともに80歳を突破している(2019年)。高度医療が発達して健康寿命が延びるにしたがって、「人生100年時代」は現実味を帯びてきた。問題は本人が天寿をまっとうしたあと、残された配偶者や家族だ。
故人が不動産と資産をたくさん持っていたらいたで、法定相続人の間で骨肉の争いが生じる。「相続」ならぬ「争続」と言われるゆえんだ。(中略)しかもその地獄は、突然始まるのだ。
私自身、父の死から10カ月にわたって「相続地獄」の泥沼をさまよい歩いた。本書はその地獄の体験を書き起こすところから始め、読者の皆さんが地獄を未然に回避するためのノウハウをあれこれ書き記した。
(本書「はじめに」より)

目次

はじめに
第1章 「相続」は突然やってくる
第2章 今日から始める「生前整理」
第3章 ここがおかしい相続税
第4章 財産キープのルール
第5章 相続放棄プロジェクト
第6章 人生の仕舞い支度
おわりに

著者紹介

森永卓郎(もりながたくろう)
1957年7月12日、東京都目黒区生まれ。東京大学経済学部経済学科卒業。日本専売公社、日本経済研究センター、経済企画庁での勤務を経て、91年より三和総合研究所(現・三菱UFJリサーチ&コンサルティング)研究員。2006年より獨協大学経済学部教授を務める。専門分野はマクロ経済学、計量経済学、労働経済学、教育計画。03年出版の『年収300万円時代を生き抜く経済学』が大ベストセラーになる。TBS「がっちりマンデー!!」、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」などレギュラー出演多数。ミニカー3万台のコレクターとしても名を知られ、埼玉県所沢市に私設博物館「B宝館」を開館した。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社