• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』と宇宙の旅

新書|詳細

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』と宇宙の旅

ミヤザワケンジ『ギンガテツドウノヨル』トウチュウノタビ
2020年7月16日発売
定価(本体1,100円+税)
ISBN 978-4-334-04483-1
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

天文学者が解説する宮沢賢治『銀河鉄道の夜』と宇宙の旅谷口義明/著

『雨ニモマケズ』『注文の多い料理店』『春と修羅』などの作品で知られる宮沢賢治(1896 ―1933)は、生誕から120年以上が経った現在でも多くの人に愛され、影響を与え続けている。
仏教信仰と農民生活に根ざした創作を行い、作品中に登場する架空の理想郷に郷里の岩手県をモチーフとして「イーハトーブ」と名づけたことでも知られるが、賢治は37年という短い生涯で膨大な量の作品を遺した。
本書では『銀河鉄道の夜』をテーマに賢治の宇宙観に迫る。このユニークな童話はどのように構想されたのか。賢治は宇宙に何を見ていたのか。天文学者による、これまでにないアプローチ。

目次

まえがき
第1章 『銀河鉄道の夜』と賢治の時代
1-1 賢治とは
1-2 賢治の時代の天文学
1-3 賢治の時代の物理学
1-4 『銀河鉄道の夜』
1-5 子持ち星雲のうずまき
第2章 『銀河鉄道の夜』を読む
一、    午后の授業
〔二、〕活版所
三、家
〔四、〕ケンタウル祭の夜
〔五、〕天気輪の柱
〔六、〕銀河ステーション
〔七、〕北十字とプリオシン海岸
〔八、〕鳥を捕る人
〔九、〕ジョバンニの切符
あとがき

著者紹介

谷口義明(たにぐち よしあき)
1954年北海道生まれ。東北大学理学部卒業。同大学院理学研究科天文学専攻博士課程修了。理学博士。東京大学東京天文台助手などを経て、現在、放送大学教授。専門は銀河天文学、観測的宇宙論。すばる望遠鏡を用いた深宇宙探査で、128億光年彼方にある銀河の発見で当時の世界記録を樹立。ハッブル宇宙望遠鏡の基幹プログラム「宇宙進化サーベイ」では宇宙の暗黒物質(ダークマター)の三次元地図を作成し、ダークマターによる銀河形成論を初めて観測的に立証した。主な著書に、『宇宙はなぜブラックホールを造ったのか』(光文社新書)、『アンドロメダ銀河のうずまき』(丸善出版)、『天の川が消える日』(日本評論社)など多数。 

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社