• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > ホークス3軍はなぜ成功したのか?

新書|詳細

ホークス3軍はなぜ成功したのか?

ホークスサングンハナゼセイコウシタノカ?
2020年4月15日発売
定価(本体1,000円+税)
ISBN 978-4-334-04470-1
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

ホークス3軍はなぜ成功したのか?才能を見抜き、開花させる育成力喜瀬雅則/著

21世紀の新たなる覇者・ソフトバンク。その「強さの原動力」として注目されたのは「3軍育ち」。育成選手としてプロ入りした、たたき上げのプレーヤーたちだった。千賀滉大、甲斐拓也、牧原大成、石川柊太、周東佑京、大竹耕太郎――彼らは育成ドラフトで指名され、育成選手としてプロ入りを果たした。3桁の背番号を背負い、3軍で鍛えられた。その努力の末に支配下選手の座をつかみ、日本一を支える主力選手としての地位を築く。球団会長の王貞治は、育成出身選手の活躍ぶりを「大きな夢」と評した。3軍制を取る球団は数あれど、なぜホークスだけが大成功を収めたのか? 王会長をはじめ、多くの選手・関係者への取材を元に解き明かす。その源流は、やはり“あの男”へと行き着いた。

目次

序  章 「俺を使え」
第1章 3軍を創る
第2章 逸材を探せ
第3章 名古屋の運動具店
第4章 四国を沸かせた強肩
第5章 たたき上げのプライド
第6章 育成契約はリスクではない
第7章 野球の街
第8章 甲子園を超える
第9章 名門校からホークス3軍へ
第10章 イチローよりも速い男
終  章 宮崎の白梅

著者紹介

喜瀬雅則(きせまさのり) 
1967年神戸市生まれ。スポーツライター。関西学院大経済学部卒。90年に産経新聞社入社。94年からサンケイスポーツ大阪本社で野球担当として近鉄、阪神、ダイエー、オリックス、中日、アマ野球の番記者を歴任。2008年から8年間、産経新聞大阪本社運動部でプロ・アマ野球を担当。産経新聞夕刊連載「独立リーグの現状 その明暗を探る」で11年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。17年7月末に産経新聞社を退社。著書に、独立リーグの四国アイランドリーグplus・高知球団の経営再建とユニークな経営戦略を描いた『牛を飼う球団』(小学館)、『不登校からメジャーへ』(光文社新書)がある。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社