• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 外国人に正しく伝えたい日本の礼儀作法

新書|詳細

外国人に正しく伝えたい日本の礼儀作法

ガイコクジンニタダシクツタエタイニホンノレイギサホウ
2019年1月19日発売
定価(本体840円+税)
ISBN 978-4-334-04390-2
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

外国人に正しく伝えたい日本の礼儀作法小笠原敬承斎/著

日本を訪れる外国人観光客の数は右肩上がり。東京五輪の開催を控え、日本各地での長期滞在も予想され、国内で外国人と接する機会が増えている。「おもてなし」という言葉も注目を集めたが、はたして私たちは、自信を持って海外の方をもてなし、日本の文化を正しく伝えることができるだろうか。本書では、小笠原流礼法の宗家が、日本の文化やしきたり、日本人が大切にしている習慣や振る舞いについて、その真の意味から説き起こしながら解説。日本人自身が文化や作法について学びなおし、自信と誇りをもって「日本のこころ」を伝えられるようになることを目指す。

目次

はじめに
第1章 「清浄」の意識
第2章 神社仏閣(寺社仏閣)での礼儀作法
第3章 日本人のつき合い
第4章 公共の場での礼儀作法
第5章 和食の礼儀作法
第6章 日本人の格好
付録【日本の年中行事】
おわりに

著者紹介

小笠原敬承斎(おがさわらけいしょうさい)
東京都生まれ。小笠原忠統前宗家(小笠原惣領家第三十二世・一九九六年没)の実姉・小笠原日英尼公の真孫。聖心女子学院卒業後、イギリスに留学。副宗家を経て、九六年に小笠原流礼法宗家に就任。約七百年の伝統を誇る小笠原流礼法初の女性宗家となり注目を集める。門下の指導にあたるとともに、各地での講演や研修、執筆活動を通じ、現代生活に応じた礼法の普及に努めている。著書に『誰も教えてくれない 男の礼儀作法』『男の一日一作法』『武家の躾 子どもの礼儀作法』(以上、光文社新書)、『見てまなぶ 日本人のふるまい』(淡交社)、『美しい日本語の作法』(監修、小学館)など多数。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社