• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > お金のために働く必要がなくなったら、何をしますか?

新書|詳細

お金のために働く必要がなくなったら、何をしますか?

オカネノタメニハタラクヒツヨウガナクナッタラ、ナニヲシマスカ?
2018年11月15日発売
定価(本体840円+税)
ISBN 978-4-334-04382-7
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

お金のために働く必要がなくなったら、何をしますか?エノ・シュミット/著 山森亮/著 堅田香緒里/著 山口純/著

2016年5月、スイス・ジュネーブの広場に巨大なポスターが現れた。そこには「What would you do if your income were taken care of ?」(お金を稼がなくてよくなったら、あなたは何をしますか?)と書かれていた。これは、世界で初めてベーシックインカムを求める国民投票を実現させたアーティスト、エノ・シュミットらによる「世界最大の問い」だった。
世界各地で導入の具体的な動きが広まるベーシックインカムは、社会や人間のあり方に何をもたらすのか。2017年4月に同志社大学で開催されたシンポジウム「エノ・シュミットと語るコモンズ、フェミニズム、ベーシック・インカム」をもとに、4人の執筆者が「世界最大の問い」を考える。

目次

第一部    無条件のベーシックインカム
第1章    私たちは存在しているだけで意味がある
――スイスからのメッセージ  エノ・シュミット
第2章 ベーシックインカムの理念と制度  山森亮

第二部    未来社会とベーシックインカム

第3章 時間泥棒から盗まれた時間を
取り返すことができたら  山森亮
第4章 人が時間を取り戻すことは可能か?
――社会彫刻・文化収入・精神生活 
エノ・シュミット(インタビュアー:山森亮)
第5章 フェミニズムとベーシックインカム
第6章 コモンズとベーシックインカム
――「本町エスコーラ」の実践から  山口純

おわりに

著者紹介

エノ・シュミット
1958年西ドイツ・オスナブリュック生まれ。アーティスト。
山森亮(やまもりとおる)
1970年神奈川県生まれ。同志社大学経済学部教員。
堅田香緒里(かただかおり)
1979年静岡県生まれ。法政大学社会学部教員。
山口純(やまぐちじゅん)
1983年神奈川県生まれ。横浜国立大学大学院Y-GSA産学連携研究員。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社