• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > ドイツリスク

新書|詳細

ドイツリスク

ドイツリスク
2015年9月16日発売
定価(本体840円+税)
ISBN 978-4-334-03879-3
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

ドイツリスク「夢見る政治」が引き起こす混乱三好範英/著

ユーロ危機を招いたギリシャ支援における頑なな姿勢、ロシアや中国への接近と米国離れ、学者やメディアの誤解に基づく日本批判――EUのリーダーであり、GDP世界第4位の大国が、世界にとって、そして日本にとって、最大のリスクになりつつある。ドイツは変質したのか? それとも、ドイツに内在していた何かが噴き出したのか? 
長年ドイツで取材活動を行ってきた筆者は、「夢見る人」というドイツとドイツ人に対する定義が、この問題を解く鍵になるという。
エネルギー転換、ユーロ危機、ロシア・中国という二つの東方世界への接近――この3つのテーマから、ドイツの危うさの正体を突き止め、根強い「ドイツ見習え論」に警鐘を鳴らす。

目次

はじめに 危うい大国ドイツ――夢見る政治が引き起こす混乱
第1章 偏向したフクシマ原発事故報道
  1 グロテスクだったドイツメディア
  2 高まる日本社会への批判
  3 原発を倫理問題として扱うドイツ
第2章 隘路に陥ったエネルギー転換
  1 原発推進を掲げる政治勢力は存在しない
  2 急速な自然エネルギーの普及
  3 不安定化する電力需給システム
  4 ドイツ人ならやり遂げる、という幻想
第3章 ユーロがパンドラの箱をあけた
  1 それはギリシャから始まった
  2 「戦後ドイツ」へのルサンチマン
  3 夢を諦めない人々
  4 綱渡りを強いられるメルケル
  5 「夢見るドイツ」がユーロを生み出した
第3章 「プーチン理解者」の登場
  1 緊密化する対ロシア関係
  2 「東への夢」の対象としてのロシア、中国
第5章 中国に共鳴するドイツの歴史観
  1 歴史問題での攻勢
  2 歴史認識がなぜ中国に傾くのか
おわりに ロマン主義思想の投げかける長い影

著者紹介

三好範英(みよしのりひで)
1959年東京都生まれ。東京大学教養学部相関社会科学分科卒。82年、読売新聞入社。90~93年、バンコク、プノンペン特派員。97~2001年、06~08年、09~13年、ベルリン特派員。現在、編集委員。著書に『特派員報告カンボジアPKO 地域紛争解決と国連』『戦後の「タブー」を清算するドイツ』(以上、亜紀書房)、『蘇る「国家」と「歴史」ポスト冷戦20年の欧州』(芙蓉書房出版)。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社