• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 教育という病

新書|詳細

教育という病

キョウイクトイウヤマイ
2015年6月17日発売
定価(本体780円+税)
ISBN 978-4-334-03863-2
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

教育という病子どもと先生を苦しめる「教育リスク」内田良/著

私たちが「善きもの」と信じている「教育」は本当に安心・安全なのだろうか? 学校教育の問題は、「善さ」を追い求めることによって、その裏側に潜むリスクが忘れられてしまうこと、そのリスクを乗り越えたことを必要以上に「すばらしい」ことと捉えてしまうことによって起きている!
巨大化する組体操、家族幻想を抱いたままの2分の1成人式、教員の過重な負担……今まで見て見ぬふりをされてきた「教育リスク」をエビデンスを用いて指摘し、子どもや先生が脅かされた教育の実態を明らかにする。

目次

【はじめに】
【序 章】 リスクと向き合うために
―― エビデンス・ベースド・アプローチ
【第1章】 巨大化する組体操
―― 感動や一体感が見えなくさせるもの
【第2章】 「2分の1成人式」と家族幻想
―― 家庭に踏む込む学校教育
【第3章】 運動部活動における「体罰」と「事故」
―― スポーツ指導のあり方を問う
【第4章】 部活動顧問の過重負担
―― 教員のQOLを考える
【第5章】 柔道界が動いた
―― 死亡事故ゼロへの道のり
【終 章】 市民社会における教育リスク
【おわりに】

著者紹介

内田良(うちだりょう)
名古屋大学大学院教育発達科学研究科准教授。博士(教育学)。専門は教育社会学。学校生活で子どもや教師が出遭うさまざまなリスクについて調査研究ならびに啓発活動をおこなっている。これまで、柔道事故、組体操事故、2分の1成人式、部活動顧問の負担など、多くの問題の火付け役として、情報を発信してきた。ウェブサイト「学校リスク研究所」「部活動リスク研究所」を主宰。最新の記事を、Yahoo!ニュース「リスク・リポート」に発表している。Twitterアカウントは、@RyoUchida_RIRIS 。
主な著作に『柔道事故』(河出書房新社)、『「児童虐待」へのまなざし』(世界思想社、日本教育社会学会奨励賞受賞)などがある。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社