• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 「お金」って、何だろう?

新書|詳細

「お金」って、何だろう?

「オカネ」ッテ、ナンダロウ?
2014年11月13日発売
定価(本体740円+税)
ISBN 978-4-334-03826-7
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

「お金」って、何だろう?僕らはいつまで「円」を使い続けるのか?山形浩生/著 岡田斗司夫 FREEex/著

「お金」なんてやめちゃったほうが、社会はうまく回るんじゃないか――?
「日銀の存在は憲法違反?」「金利はどうやって決められている?」「通貨を発行する権利があるのは、なぜ国家だけなのか?」「経済政策の7割はムダ!?」「お金がなくても生活レベルは上げられる?」
現代の貨幣経済社会に懐疑的な岡田斗司夫と、途上国の経済援助にも携わる評論家・山形浩生。二人の対話を通して、「お金の本質」をわかりやすく解き明かす。

目次

第1章 どうして僕らは「円」を使うのか?
第2章 政府や銀行のお仕事
第3章 「評価」は「貨幣」の代わりに使えるか?
第4章 評価経済が本当に回るか実験してみる
第5章 格差の本質
第6章 自由時間経済学への序曲

著者紹介

山形浩生(やまがたひろお)
1964年東京都生まれ。東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻およびマサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程修了。
大手シンクタンク会社に勤めるかたわら、科学、文化、経済からコンピュータまで広範な分野での翻訳、執筆活動を行なう。

岡田斗司夫FREEex(おかだとしおふりっくす)
1958年大阪市生まれ。社会評論家。1984年アニメ会社ガイナックス設立。「オタキング」として知られる。
現在は「評価経済社会」を試験的に実践する団体FREEexを立ち上げ、社員と共に数多くの著作、コンテンツを発表している。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社