• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 迫りくる「息子介護」の時代

新書|詳細

迫りくる「息子介護」の時代

セマリクル「ムスコカイゴ」ノジダイ
2014年2月18日発売
定価(本体880円+税)
ISBN 978-4-334-03785-7
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

迫りくる「息子介護」の時代28人の現場から平山亮/著 上野千鶴子/解説

「息子介護」とは、嫁でも娘でも妻でも夫でもなく、息子が親の介護をすること。まだ耳慣れない言葉だが、息子介護者は着々と増えている。少子化できょうだいの数が減り、非婚化で生涯配偶者をもたない人が増え、たとえ妻がいても妻は自分の親の介護で手いっぱい――やがて親類や会社、家の近所を見渡せば、あの男性もこの男性も「息子介護」をしている、という日が必ず来るのである。著者は1979年生まれの社会心理学者。28人の息子介護者からの聞き取りをもとに、彼らがどんな思いを抱きながら、周囲の人々と関わり、家事や介護をこなし、仕事との両立や折り合いをつけたりつけなかったりしているかを、丁寧に描き出す。「息子が介護」という異常事態!? を機に表出する男社会の息苦しさの「あるある」を浮き彫りにする、もうひとつの「男性学」になっている。解説・上野千鶴子。

目次

はじめに
第1章    息子介護の「いま」
             ――統計から見える傾向と、それだけではわからない経験
第2章    親の介護と、「妻」との関係
             ――嫁のいる息子が介護者になるとき
第3章    「きょうだいではなく、なぜ自分が……」
             ――介護責任をめぐる論理と応酬
第4章    「息子の看方」とその見方
             ――オトコであることの困難と希望
第5章    家族外のネットワーク
             ――家の外で息子が「介護者をする」こと
おわりに
解説 もうひとつの「男性学」――上野千鶴子
あとがき

著者紹介

平山亮(ひらやまりょう)
1979年神奈川県生まれ。東京大学文学部、同大学大学院人文社会系研究科修士課程を経て、オレゴン州立大学大学院博士課程修了。専門は社会老年学、社会心理学。東京都健康長寿医療センター研究所にて長寿科学振興財団リサーチレジデント(認知症対策総合研究推進事業)を務めたあと、現在、同研究所で日本学術振興会特別研究員として研究中。主要論文はJournal of Gerontology: Social Sciences、Journal of Family Theory & Review等に掲載。本書が日本語で初めての単著となる。
上野千鶴子(うえのちづこ)
1948年富山県生まれ。社会学者。東京大学名誉教授。立命館大学特別招聘教授。NPO法人WAN理事長。女性学、ジェンダー研究、介護研究で活躍。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社