• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い

新書|詳細

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い

「クイニゲサレテモバイトハヤトウナ」ナンテオオマチガイ
2008年2月15日発売
定価(本体700円+税)
ISBN 978-4-334-03437-5
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い禁じられた数字<下>山田真哉/著

数字に騙されない、「考える力」を身につける
さおだけ完結編

数字に騙されない。常識に惑わされない。
この本の目的は2つあります。ひとつ目は、数字が苦手な方が、「数字の裏側」を読めるようになること。数字は人を騙す凶器です。数字のウソを学ぶことで、数字に騙されない“考える力”を鍛えます。2つ目の目的は、「会計がわかればビジネスもわかる」といった会計に対する誤解を解くこと。ビジネスに「会計が必須の教養」であることが常識となりつつありますが、会計とビジネスでは世界が180度異なります。会計の限界を知らずに使っている人が、ビジネスに混乱を巻き起こしています。
そこでこの本では、ふだん語られない“会計の本質”に光を当てます。
なお、上巻を読まずに、下巻から読みはじめても大丈夫です。

目次

はじめに 宝くじは有楽町で買うべきか否か
第1章 数字の達人は、特になにもしない――数字のウソ
第2章 天才CFOよりグラビアアイドルに学べ――計画信仰
第3章 「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い
    ――効率化の失敗
第4章 ビジネスは二者択一ではない――妙手を打て
終章  会計は世界の1/2しか語れない――会計は科学
あとがき
索引

著者紹介

山田真哉(やまだしんや)
1976年兵庫県神戸市生まれ。大阪大学文学部史学科卒業。公認会計士山田真哉事務所所長。代表作『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』はミリオンセラーを達成し、会計本としての金字塔を打ち立てた。会計ミステリー小説『女子大生会計士の事件簿』もシリーズ100万部を突破し、そのキャラクターは他の作品にもたびたび登場している。著作の特徴であるたとえ話の多用や、主張した直後に自ら反論を加える論法は、中国の思想家・韓非子から学んだものである。また、弱いが囲碁を愛好し、構想力を高めるのに役立てている。公式サイト「山田真哉工房」。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社