• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 書籍 > ノンフィクション、学芸 > シマウマの縞 蝶の模様

書籍|詳細

シマウマの縞 蝶の模様

シマウマノシマ チョウノモヨウ
2007年4月23日発売
定価(本体2,300円+税)
ISBN 978-4-334-96197-8
ノンフィクション、学芸
判型:四六判ハード

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

シマウマの縞 蝶の模様エボデボ革命が解き明かす生物デザインの起源ショーン・B・キャロル/著 経塚淳子/訳 渡辺政隆/訳

なぜ、かたちと模様がこれほど多様なのか
その謎を解くカギ、「マスター遺伝子」とは――。

進化理論の驚くべき展開!16ページカラー口絵つき

エボデボ革命の最初の衝撃が明かしたのは、複雑な形態をした動物は、見かけや生理機能の違いを超えて、どれもみな共通の「マスター遺伝子」という「道具箱(ツールキット)」をそなえているということだった。つまり、ハエも小鳥も恐竜も三葉虫も蝶もシマウマも人間も、その胴体や体の器官の形成やパターンづくりを支配する遺伝子群は同じということなのだ。(本書「はじめに」より)

目次

まえがき レボリューション3
はじめに 蝶とシマウマの胚
 胚と進化/エボデボ革命/道具箱のパラドックスと多様性の起源/最新現代総合説の壮大さ

第1部 動物をつくる
第1章 動物の設計――新しい形、古いデザイン
 建築ブロックから動物をつくる/数と種類の変異としての進化/相同、連続相同、ウィリストンの法則/対称性と極性/形態はゲノムにどのようにコードされているか

第2章 モンスター、ミュータント、マスター遺伝子
 キュクロプスをめぐる神話と現実/イモリの唇とニワトリの翼/有望な怪物/何本指? アン・ブリンからピッチャーまでの指の変異/ハエのフランケンシュタイン

第3章 大腸菌からゾウへ
 タンパク質、DNA、遺伝子の論理/ホメオボックス/動物界を結ぶ/ショウジョウバエからのちょっとした教訓/動物の進化再考/ツールキットを定義する/ヘッジホッグから多指、単眼、癌/ツールキットの逆説と多様性の起源

第4章 子供をつくるために必要な二万五〇〇〇の遺伝子
 ニワトリを元に戻す/最初の地図/胚の地図/形が決まる/ハエをつくる/脊椎動物をつくる/単純なものから複雑なものが

第5章 ゲノムの暗黒物質――ツールキットの取扱い説明書
 暗闇で見る/GPSの統合者としてのスイッチ/組み合わせ方式の威力と威光/縞の一つひとつ、骨の一つひとつ/大量のスイッチ/モジュール式の動物をつくるためのモジュール式スイッチ/胚の「配線工事」/ツールキットの逆説とスイッチ

第2部 化石と遺伝子と動物の多様性構築
第6章 動物進化のビッグバン
 謎の始まり/カンブリア紀の爆発的進化/新しい動物のための新しい遺伝子?/ホックス遺伝子のやりくりとウィリストンの法則/脊椎動物のつくり方/移行を起こさせるスイッチ/カンブリア紀の遺伝様式についての再考

第7章 小爆発――翼などの革命的発明
 じつに単純な二枝型付属肢から/飛行練習中/クモの尾/付属肢地図の進化/魚の指からコウモリの翼へ/新しい構造と新しいスイッチ/飛翔と滑空/進化的革新の四つの秘訣

第8章 蝶の目玉模様
 翅の模様の意味/蝶の発明/目玉模様をつくる/私が浴びた一瞬の脚光/蝶はどうやって模様を変えるのか/擬態と色彩パターンの進化

第9章 黒く塗れ
 自然界で見られる体色の黒化/ジャガーはいかにして斑紋を消したか/イワポケットマウス/黒いヒョウ、白いクマ、赤毛/哺乳類におけるおしゃれな模様の進化/自然淘汰、遺伝子、適応度

第10章 ビューティフル・マインド――ホモ・サピエンスのつくり方
 祖先探し/ビューティフル・マインドをつくる/ヒトの形態と発生におけるモザイク進化/九八・八パーセントのパラドックスとホモ・サピエンスのつくり方/人類における顎筋の進化/発話に関係する遺伝子の進化/人類進化の複雑にして微妙な遺伝的基盤

第11章 すばらしい生物種が際限なく
 さらなる現代総合説の礎石としてのエボデボ/エボデボと進化論教育/エボデボと進化論―創造論の対決/絶滅危惧種が際限なく

謝辞/訳者あとがき/参考文献と読書案内/索引

著者紹介

著者:ショーン・B・キャロル Sean B. Carroll
1961年オハイオ州トレド生まれ。ハワード・ヒューズ医学研究所研究員およびウィスコンシン大学マディソン校教授。進化発生生物学(エボデボ)分野のスーパースター。野球とロックをこよなく愛す。著書『DNAから解き明かされる形づくりと進化の不思議』(共著、青土社、2003)。

訳者:渡辺政隆
サイエンスライター、文部科学省科学技術政策研究所上席研究官、和歌山大学客員教授、奈良先端科学技術大学院大学客員教授。東京大学大学院修了。専門は進化生物学、科学史、サイエンスコミュニケーション。著書『DNAの謎に挑む』(朝日新聞社)、『シーラカンスの打ちあけ話』(廣済堂出版)ほか。訳書『「進化」大全』(C・ジンマー著、光文社)、『ドクター・タチアナの男と女の生物学講座』(O・ジャドソン著、光文社)ほか。

訳者・経塚淳子
東京大学大学院農学生命科学研究科准教授。東京大学大学院修了、農学博士。専門は分子遺伝学、植物の形態形成。著書『植物の形づくり:遺伝子から見た分子メカニズム』(分担執筆、共立出版)、『植物分子生理学入門』(分担執筆、学会出版センター)ほか。

書籍

本の検索

売行きランキング一覧

  • 新宿鮫Ⅺ『暗約領域』大沢在昌
  • 光文社ライトブックス

Page Top


株式会社 光文社