• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 書籍 > ノンフィクション、学芸 > パパの家庭進出がニッポンを変えるのだ!

書籍|詳細

パパの家庭進出がニッポンを変えるのだ!

パパノカテイシンシュツガニッポンヲカエルノダ!
2021年5月19日発売
定価:1,540円(税込み)
ISBN 978-4-334-95243-3
ノンフィクション、学芸
判型:四六判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

パパの家庭進出がニッポンを変えるのだ!ママの社会進出と家族の幸せのために前田晃平/著

新米パパが「ママの視点」で見つめたら、世界は別の場所だった――。共働き夫婦が多数派になった今でも、日本の妻は夫の3倍もの家事・育児を担っている。そして、日本は先進国有数の「親子に冷たい国」でもある。育休を取って初めて気づいた、ニッポンの世の不均衡と子育て世代の生きづらさ。「パパの家庭進出なしにママの社会進出はありえない」と気づいた「普通のパパ」が、「男性育休」「長時間労働」「子育て自己責任論」「夫婦間の不平等」「日本版DBS(性犯罪者の保育・教育現場からの追放)」などを、豊富なデータに実体験を交えてわかりやすく綴る。note大人気連載(1記事の最高スキ数2891)の書籍化。本書を読まずして、パパになってはいけない!

著者紹介

前田晃平(まえだこうへい)
1983年、東京都出身。慶應義塾大学総合政策学部中退。認定NPO法人フローレンスでマーケティング、事業開発に従事。政府・行政に政策を提案、実現するソーシャルアクションも行っている。妻と娘と三人暮らしの毎日で、子育てに奮闘中!

書籍

本の検索

売行きランキング一覧

  • 新宿鮫Ⅺ『暗約領域』大沢在昌
  • 光文社ライトブックス

Page Top


株式会社 光文社