• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 書籍 > フィクション、文芸 > 潮首岬に郭公の鳴く

書籍|詳細

潮首岬に郭公の鳴く

シオクビミサキニカッコウノナク
2019年10月24日発売
定価(本体1,800円+税)
ISBN 978-4-334-91314-4
フィクション、文芸
判型:四六判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

潮首岬に郭公の鳴く平石貴樹/著

函館で有名な岩倉家の美人三姉妹の三女が行方不明になった。海岸で見つかった遺留品のそばに、血糊のついた鷹のブロンズ像。凶器と思われたこの置き物は、姉妹の家にあったものだった。祖父は家にある芭蕉の短冊額のことを思い出す。

一つ家に 遊女も寝たり 萩と月
旅に病んで 夢は枯野を 駆け廻る
鷹ひとつ 見つけてうれし 伊良湖崎
米買ひに 雪の袋や 投頭巾

俳句に見立てた殺人事件なのか?
三女の遺体が見つかっても、犯人の手掛かりは得られないまま、事件は新たな展開をみせる―― 。
三女が行方不明になったときから、謎は始まった。

書籍

本の検索

売行きランキング一覧

  • 新宿鮫Ⅺ『暗約領域』大沢在昌
  • 光文社ライトブックス

Page Top


株式会社 光文社