• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 文庫 > 知恵の森文庫 > 赤瀬川原平の名画読本

文庫|詳細

赤瀬川原平の名画読本

アカセガワゲンペイノメイガドクホン
2005年4月5日発売
定価(本体781円+税)
ISBN 978-4-334-78349-5
知恵の森文庫
判型:文庫判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

赤瀬川原平の名画読本鑑賞のポイントはどこか赤瀬川原平/著

絵も人間と同じ。肩書きで判断してはいけない!

世間の評価、意義や思想性で絵を見てはいけない。早足で見る。自分が買うつもりで見る。自分でもちょっとだけ描いてみる。画家である著者が教える名画鑑賞術。「印象派の絵は日本の俳句だ」「ゴッホが陰に『色』をつけた」「ゴーギャンが教える塗り絵の楽しみ」とは、など巨匠15人の代表作の真髄に迫る。解説:安西水丸

目次

はじめに

1章◎モネ「日傘をさす女」
 なぜ日本人は印象派が好きなのか

2章◎マネ「オランピア」
 伝統を切り崩した色彩の挑戦

3章◎シスレー「サン・マメス」
 風景画を美味しく味わう

4章◎セザンヌ「坐る農夫」
 画家の筆触(タッチ)が“自由”を求め始めた

5章◎ゴッホ「アルルの跳ね橋」
 “炎の人”が浮世絵から学んだもの

6章◎ゴーギャン「タヒチの女たち」
 南洋の島が教えた塗り絵の楽しみ

7章◎ブリューゲル「雪景色の狩人たち」
 報道絵画は路上観察の目で見る

8章◎レオナルド・ダ・ヴィンチ「聖アンナと聖母子」
 “微笑み”をそう簡単には描けない

9章◎フェルメール「アトリエ」
 “カメラの目”で描いたリアリティ

10章◎コロー「コンスタンティヌスのバシリカのアーケードから眺めたコロセウム」
 絵に近代の光が見え始めた

11章◎ロートレック「ムーラン・ルージュの踊り」
 世紀末パリの怪しげな魅惑

12章◎ユトリロ「コタン小路」
 モンマルトルで見つけた侘(わ)び、寂(さび)

13章◎マチス「ピアノのレッスン」
 現代美術の源流(ルーツ)をさぐる

14章◎ルノワール「ピアノによる少女たち」
 「名画」という名のヤラセ産物

15章◎アングル「泉」
 儀礼的に描かれた絵に魂はない

文庫版のためのあとがき
解説 安西水丸

文庫

本の検索

売行きランキング一覧

  • Yomeba!
  • 光文社古典新訳文庫「ナルニア国物語」特設サイト

Page Top


株式会社 光文社