• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 太陽は地球と人類にどう影響を与えているか

新書|詳細

太陽は人類にどう影響を与えているか

タイヨウハチキュウトジンルイニドウエイキョウヲアタエテイルカ
2019年6月19日発売
定価(本体980円+税)
ISBN 978-4-334-04417-6
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

太陽は地球と人類にどう影響を与えているか花岡庸一郎/著

太陽はどのような存在だろうか。地球と人類にとって、太陽は最大のエネルギー源で、このエネルギーで生命は繁栄してきた。この星は、毎日、決まって姿を現し、毎日、同じように輝き、毎年、同じ季節のめぐりをもたらす「変わらない存在」として認識されてきた。
しかし、いま、太陽は「変わる存在」として認識され始め、地球や人類、社会のインフラに様々な影響を及ぼしていることが分かってきている。
太陽面の爆発は地球に何をもたらすのか? フレアとは? 地球温暖化との関係は? 宇宙天気予報の可能性とは? いま、社会的に注目される「太陽物理学」を豊富な観測データを用いて分かりやすく解説。

目次

第1章 「変わる太陽」と「変わらぬ太陽」
第2章 なぜ太陽面で爆発が起こっているのか
第3章 脅威の太陽
第4章 「変わらぬ太陽」は本当に変わっていないか
第5章 太陽活動の地球の気候への影響は
          どう議論されているのか

著者紹介

花岡庸一郎(はなおかよういちろう)
1961年長野県松本市生まれ。国立天文台准教授(太陽観測科学プロジェクト)。京都大学理学部卒・同大学院博士課程修了、理学博士。日本学術振興会特別研究員を経て国立天文台に移り、助手として野辺山太陽電波観測所に勤務。その後、助教授、配置換え等を経て、現在は国立天文台三鷹キャンパスで行っている太陽観測の統括を担っている。著書に『シリーズ現代の天文学・太陽』(日本評論社、共著)などがある。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社