トップ 〉吉原裏同心シリーズ 特設ページ

理不尽な結婚に苦しんでいた人妻の汀女を連れて、故郷の豊後岡藩を出奔した幹次郎は、女仇討の追手に追われ、十年の流浪の旅の末、江戸・吉原に流れ着く。
廓を統括する吉原会所の四郎兵衛に剣の腕を見込まれ、幹次郎は廓で起こるトラブルを解決する「吉原裏同心」となる――。

佐伯泰英コメント

 十歳か十一歳の夏の朝のことだ。堀川沿いの一軒の店の戸口に朝刊を押込もうとすると、シュミーズ一枚の若い女と工員風の男が絡み合うように姿を見せて、抱き合って別れの挨拶をした。

続きを読む +

女の白い肌に幻惑されて目がちらつき、堀川から饐(す)えたどぶの臭いがする店の前で少年はうつむいたまま竦んでいた。
一夜をなじみの娼婦と過ごした嫖客がそそくさと駅へ姿を消した。
「兄(あん)ちゃん、大きくなったらうちんとこへ遊びにこんね」
と女がいうと少年の手からインクの臭いがする朝刊を摑(つか)んで店の中に姿を没した。
少年は、鹿児島本線と筑豊本線が交わる八幡市折尾(現・北九州市)という町で育った。実家が新聞販売店であったために物心ついたころから新聞配達を課せられた。そんな最中の出来事だった。
この出来事から数年後、昭和三十三年四月一日をもって売春防止法が施行され、全国で業者三万九千軒、従業婦十二万人が廃業して消えた。むろん、少年は、淫靡で魅惑的な家に上がることはなかった。かくて古より連綿とお上が許し、黙認してきた悪所が消えた。

私がえがく官許の遊里吉原は理想化した想像の産物に過ぎない。吉原が苦界であった事実は、多くの資料が示している。にも拘らず私だけではなく多くの作家がなぜ吉原を夢の場所だとして描き、描かれるのか。
御免色里と江戸でただ一カ所許されたのが吉原だ。徳川幕府の開闢とほぼ時を同じくして千代田城近くに営業を許された。
だが、明歴三年の大火の後、江戸の大規模な町づくりが行われ、吉原も浅草田圃に移転を余儀なくされた。
吉原と言うとき、旧吉原時代と浅草に転じての新吉原時代の二つに分かれる。
それなりに資料を読んだが、わずか東四百八十間、南北百三十五間の方形の二万七百六十七坪の世界が具体的に浮かんでこない。そこで遊里吉原に一組の夫婦者、神守幹次郎と汀女を関わらすことによって、私なりの吉原絵図を探謀できないかと考えたのが『吉原裏同心』だ。
吉原はただ男の欲望を満たすだけの場所ではなく、化粧、衣装、文学、華道、香道、茶道、歌舞音曲とあらゆる流行の発信基地であったという事実だ。ために松の位の太夫と呼ばれた遊女の見識、教養は当時の女性の中でも群を抜いていたそうな。
とはいえ、二万余坪には光も闇もあった。大籬と呼ばれた大楼もあれば、羅生門河岸などという間口三尺ほどの切り見世もあった。
いわば江戸の縮図が吉原にあると私は考え、自分なりの吉原を描いていこうと思った。
官許の遊里である以上、吉原は江戸町奉行が監督した。だが、実際に自治と治安を司ったのは吉原会所という吉原衆の組織だ。この会所の用心棒を亭主の神守幹次郎が請け負い、年上女房の汀女が遊女たちに読み書きから教養百般を教えつつ、遊女たちの不満不平を探る密偵方とした。
だが、幹次郎と汀女の真の願いは、吉原の秩序と仕来たりを順守しつつ、その中でけなげに生きる遊女たちの命と暮らしを守ることだ。
真っ白なシュミーズにときめきを感じた少年の永遠の夢は、馬喰町の煮売り酒場の小僧竹松に托されている。竹松が一文二文と銭を貯めていつの日か吉原の楼に上がる宵、六十年も前の少年の夢も成就するのだ。

閉じる ×
続きを読む
  • 豊後岡藩の馬廻り役だったが、幼馴染で納戸頭の妻になった汀女とともに逐電の後、江戸へ。
    汀女の弟の悲劇が縁となり、吉原会所の頭取・七代目四郎兵衛と出会い、剣の腕と人柄を見込まれ、「吉原裏同心」となる。示現流と眼志流居合の遣い手。
  • 幹次郎の三歳年上の妻女。豊後岡藩の納戸頭・藤村壮五郎との理不尽な結婚に苦しんでいたが、幹次郎とともに逐電、長い流浪の旅の末、吉原へ流れ着く。
    用心棒をする幹次郎の傍らで、吉原の遊女たちの手習いの師匠として読み書きなどを教えている。
  • 吉原で人気絶頂、大見世「三浦屋」の花魁。吉原炎上の際に幹次郎に助け出され、その後、幹次郎のことを思い続けている。幹次郎の妻・汀女とは姉妹のように親しい。
  • 吉原会所七代目頭取。吉原の奉行ともいうべき存在で、江戸幕府の許しを得た「御免色里」を司っている。幹次郎の剣の腕と人柄を見込んで「吉原裏同心」に抜擢した。娘は玉藻といい、引手茶屋の「山口巴屋」を任せている。
  • 吉原会所の番方。七代目頭取・四郎兵衛の右腕であると同時に、幹次郎の信頼する友でもある。お芳と夫婦になり、お芳にとって父親のような存在の柴田相庵と一緒に住んでいる。
  • 豊後岡藩の長屋で幹次郎と一緒に育った幼馴染。豊後岡藩の中間を辞めさせられたあと、料理茶屋「山口巴屋」で働いている。
  • 南町奉行所隠密廻り同心。吉原にある面番所に詰めている。
閉じる ×
続きを読む
  • 「吉原裏同心」の舞台である新吉原は、浅草寺裏側(今の台東区千束あたりの場所)にあった。北東の方角にメインの入り口である大門があり、町は、南西に長方形に延びた形をしている。江戸の中心からは離れた場所にあったため。客たちは徒歩や駕籠で向かうか、粋に大川(隅田川)を舟で上ったりした。
  • 遊廓への出入り口は複数あったが、普段は閉ざされ、メインの大門一か所のみが使われた。周囲は鉄漿溝(おはぐろどぶ)と呼ばれる堀に囲まれている。
    メインストリートである「仲之町」(花魁道中が行われる)の両側に、茶屋が並び立っていた。
閉じる ×

一覧に戻る
  • LINEでシェア