トップ 〉新吉原裏同心抄 特設ページ

祇園会
新吉原裏同心抄【四】

佐伯泰英/著

購入する

あらすじ

江戸・吉原で、評判の遣り手らが不可解な辞職をし、相次いで姿を消した。異変の臭いを嗅いだ四郎兵衛ら会所の面々は、その企みの背後を探ろうとする。一方の京では、ひと月続く華やかな祭礼、祇園会が始まった。祇園囃子の響く中、幹次郎は、新たな刺客からの脅迫と攻撃に直面する。大切な町を守るため、総力戦ともいえる戦いが幕を開ける。慟哭必至のラスト!

旅立ちぬ 地図

  • 「吉原裏同心」の舞台である新吉原は、浅草寺裏側(今の台東区千束あたりの場所)にあった。北東の方角にメインの入り口である大門があり、町は、南西に長方形に延びた形をしている。江戸の中心からは離れた場所にあったため。客たちは徒歩や駕籠で向かうか、粋に大川(隅田川)を舟で上ったりした。。

  • 遊廓への出入り口は複数あったが、普段は閉ざされ、メインの大門一か所のみが使われた。周囲は鉄漿溝(おはぐろどぶ)と呼ばれる堀に囲まれている。 メインストリートである「仲之町」(花魁道中が行われる)の両側に、茶屋が並び立っていた。

  • 寛政4年(1792)春、江戸の遊廓・吉原から裏同心・神守幹次郎と元花魁・加門麻は京の町を訪れる。

    新吉原裏同心抄 シリーズ刊行記念特別リーフレット書店店頭にて配布しています。(無くなり次第終了)

  • [ページ 1 ] 画像をクリックすると拡大表示されます。

  • [ ページ2 ] 画像をクリックすると拡大表示されます。

    新吉原裏同心抄 シリーズ刊行記念特別リーフレット書店店頭にて配布しています(無くなり次第終了)

  • リーフレットを読む1 リーフレットを読む2
一覧に戻る