• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 書籍 > ノンフィクション、学芸 > 悶える職場

書籍|詳細

悶える職場

モダエルショクバ
2014年2月18日発売
定価(本体1,300円+税)
ISBN 978-4-334-97768-9
ノンフィクション、学芸
判型:四六判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

悶える職場あなたの職場に潜む「狂気」を抉る吉田典史/著

“悶える人たち”4つの分類
・上司からいじめを受け、うつ病などになった人たち
・世間的には“弱者”としてとらえられている社員(育児をする男性や女性、うつ病の社員、正社員になることができない人など)に苦しめられている人たち
・リストラや人事異動などにより、精神的に追い詰められている人たち
・過労死などに追い込まれた人たち(とその家族)
――私は、実際に悶えている人たちに聞き取り(取材)をすることにした。そして、私とのやりとりを同時中継のような形で、ほぼそのまま伝えることで、真相に迫りたいと考えた。
(「はじめに」より)

目次

Chapter1 若手社員を追い込む「上司」たち
Chapter2 「弱者」にかき回される職場
Chapter3 職場に潜む「狂気」が見える
Chapter4 「死」と隣り合わせの職場
Extra Chapter 究極の低賃金に喘ぐ「プロ」たち

著者紹介

吉田典史(よしだのりふみ)
1967年岐阜県大垣市生まれ。2006年からフリーに。特に人事・労務の観点から企業を取材し、記事や本を書く。一方で、事件・事故など社会分野の取材を続ける。
著書に『封印された震災死 その「真相」~もの言わぬ2万人の叫び』(世界文化社)、『震災死~生き証人たちの真実の告白』『あの日、「負け組社員」になった…~他人事ではない“会社の落とし穴”の避け方・埋め方・逃れ方』(以上、ダイヤモンド社)、『非正社員から正社員になる!』(光文社)など。
Webでも「悶える職場~踏みにじられた人々の崩壊と再生」(ダイヤモンド・オンライン)、「職場を生き抜け!」(日経BP・BPnetビズカレッジ)、「あるあるビジネス処方箋」(@DIME)などの連載を持つ。
雑誌では、『先見労務管理』『プレジデント』『週刊ダイヤモンド』『週刊東洋経済』『ZAITEN』『リベラルタイム』などに記事を発表し続けている。

書籍

本の検索

売行きランキング一覧

  • 新宿鮫Ⅺ『暗約領域』大沢在昌
  • 光文社ライトブックス

Page Top


株式会社 光文社