• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 書籍 > ノンフィクション、学芸 > 貧乏人が激怒するブラック日本の真実

書籍|詳細

貧乏人が激怒するブラック日本の真実

ビンボウニンガゲキドスルブラックニホンノシンジツ
2013年10月17日発売
定価(本体1,300円+税)
ISBN 978-4-334-97749-8
ノンフィクション、学芸
判型:四六判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

貧乏人が激怒するブラック日本の真実「情弱一人負けの時代」を生き抜くヒント午堂登紀雄/著

3つ以上該当したら、あなたも「情弱」の可能性が…

□情弱は“誰か”にお金を使わされる
□情弱は感情を“誰か”にコントロールされる
□情弱はルールを従順に守り、そうでない人を非難する
□情弱は「お金がないから起業は無理」と言う
□情弱は「チャンスとは何か」を考えたことがない
□情弱は「日本は夢が持てない社会」と言う
□情弱は目先のカネで結婚を判断する
□情弱は企業が仕掛けるマーケティングに釣られる
□情弱は書籍のタイトルに釣られる
□情弱はノマドワーカーに憧れ、そして否定する

目次

序       
今、日本を席巻する「ブラック」とは?

Chapter1
情弱一人負けの時代

コントロールする人、される人
Chapter2
「ブラック起業」という幻影

「キャリアアップ」という幻想
Chapter3
アベノミクスで再生するのは誰?

貧乏人はやっぱり騙されている
Chapter4
情弱は、情弱になるべくして
なっていることを知る


Extra Chapter
情報を自分流に吟味して無敗継続!
私のアベノミクス投資戦記

著者紹介

午堂登紀雄(ごどうときお)
1971年岡山県生まれ。米国公認会計士。中央大学経済学部卒業後、会計事務所、大手流通企業のマーケティング部門を経て、世界的な戦略系経営コンサルティングファームであるアーサー・D・リトルで経営コンサルタントとして活躍。2006年、初の著書『33歳で資産3億円をつくった私の方法』(三笠書房)がベストセラーとなる。同年、不動産投資コンサルティングを行う株式会社プレミアム・インベスメント&パートナーズを設立。経営者兼個人投資家としての活動のほか、出版や講演も多数行っている。鋭い論考で話題を呼んだ『貧乏人が激怒する 新しいお金の常識』(光文社)ほか、『お金の才能』(かんき出版)、『頭のいいお金の使い方』(日本実業出版社)、『オキテ破りのFX投資で月50万稼ぐ!』(ダイヤモンド社)、『日本脱出』(あさ出版)など著書多数。

書籍

本の検索

売行きランキング一覧

  • ブサメンガチファイター特設サイト 光文社ライトブックス
  • 美人時間シリーズ

Page Top

株式会社 光文社