• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 書籍 > ノンフィクション、学芸 > 稼ぐ経済学

書籍|詳細

稼ぐ経済学

カセグケイザイガク
2013年5月17日発売
定価(本体1,500円+税)
ISBN 978-4-334-97744-3
ノンフィクション、学芸
判型:四六判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

稼ぐ経済学「黄金の波」に乗る知の技法竹中正治/著

実践的な視点で経済学を学び、合理的な思考法と判断力を身につけ、少しばかりの勇気があれば、景気の波も、バブルとその崩壊も「黄金の波」に変わる!
メガバンクの市場部門チーフディーラーを経て、エコノミスト・大学教授になり、個人投資家としても積極的な投資、資産運用を実践している著者が、サラリーマンでもできる長期投資で成功する極意を披歴する

目次

序章  「経済学を学ぶと儲かるようになりますか?」
第1章 資産のファンダメンタルな価値とは?
第2章 債券の買い時、売り時を知る
第3章 「ハイリスク・ハイリターン」の
           本当の意味と株式投資をめぐる不都合な真実
第4章 外国為替相場のトンデモ論に騙されるな
第5章 サラリーマンでもできる賢いマンション投資
            ――現在価値で住宅価格を見抜く
第6章 自分の性格に合った投資スタイルを選ぶ
第7章 金融危機後の世界経済を考える
第8章 日本経済、成長回復への期待とリスク

あとがき

著者紹介

竹中正治(たけなかまさはる)
龍谷大学経済学部教授(米国経済論、国際金融論)、京都大学博士(経済学)。
1979年東京大学経済学部卒、同年東京銀行入行、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)の為替資金部次長、調査部次長などを経て、2003年3月よりワシントン駐在員事務所所長。ワシントンから米国の政治・経済の分析レポート「ワシントン情報」を発信し、National Economists Club(WDC)役員、Conference of Business Economists会員を務めるなどエコノミストとして活動。2007年1月に帰国、同年2月より(財)国際通貨研究所、経済調査部長・チーフエコノミストを経て、2009年4月より現職。
主な著書
『素人だから勝てる外貨投資の秘訣』(扶桑社 2006年)
『ラーメン屋vs.マクドナルド ~エコノミストが読み解く日米の深層~』(新潮新書 2008年)
『今こそ知りたい資産運用のセオリー」(光文社 2008年)
『なぜ人は市場に踊らされるのか?』(日本経済新聞出版社 2010年)
『米国の対外不均衡の真実』(晃洋書房 2012年)

書籍

本の検索

売行きランキング一覧

  • 新宿鮫Ⅺ『暗約領域』大沢在昌
  • 光文社ライトブックス

Page Top


株式会社 光文社