• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 書籍 > フィクション、文芸 > 徳川慶喜公への斬奸状

書籍|詳細

徳川慶喜公への斬奸状

トクガワヨシノブコウヘノザンカンジョウ
2018年8月22日発売
定価(本体1,800円+税)
ISBN 978-4-334-91236-9
フィクション、文芸
判型:四六判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

徳川慶喜公への斬奸状須田狗一/著

明治四十三年、徳川慶喜は七十二歳となり、東京小石川で余生を過ごしていた。ある日、江戸川沿いを散歩していると、見知らぬ男が「第一条 皇室を敬載すべし」と大声で叫びながら、匕首を握りしめ突進してきた。すんでのところで、慶喜邸の警備員が間に入り、男を銃殺する。男の懐には「遥光(ようこう)の斬奸状は天下の愚書である」と書かれた半紙が入っていた。
巡査部長の小川が捜査を進めるうち、男は広津といい、職もなくふらふらとしているひとり暮らしの人間だと判明。さらに広津の部屋には、別れた妻への遺書が残されていた。小川は、警視庁高等科の竹内とコンビを組み、広津が慶喜を襲った動機と、「遥光の斬奸状」とは何なのかを探る。しかし数日後、第二の殺人事件が起き……。

書籍

本の検索

売行きランキング一覧

  • ブサメンガチファイター特設サイト 光文社ライトブックス
  • 美人時間シリーズ

Page Top

株式会社 光文社