• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 書籍 > フィクション、文芸 > 始末屋

書籍|詳細

始末屋

シマツヤ
2015年9月16日発売
定価(本体1,500円+税)
ISBN 978-4-334-91055-6
フィクション、文芸
判型:四六判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

始末屋宮本紀子/著

妓(おんな)の首を絞めて逃げた客の正体とは――
吉原の妓楼から依頼を受け、客から借金を取立てる始末屋「だるま屋」。そこで働く直次郎は、理由のわからぬ苛立ちを抱え、今日もまた容赦のない取立てを繰り返す。「だるま屋」のひとり娘・お蝶は直次郎をたしなめつつも、ほのかな恋心を寄せていた。
そんなある日、吉原屈指の大見世「丁字屋」の花魁・真鶴から名指しで依頼を受けた直次郎。真鶴は妹分・花菊の首を絞めて逃げた男を探し出し、百両を取立ててほしいと言う。直次郎の胸に、吉原で命を落とした妹・しのの最期が浮かびあがる――。

書籍

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社ライトブックス
  • 美人時間シリーズ

Page Top

株式会社 光文社