• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 著作物利用

詳細検索

ホーム > 文庫 > 光文社文庫 > 翻りの訴 細腕敵討ち哀歌

文庫|詳細

翻りの訴 細腕敵討ち哀歌

ヒルガエリノソ ホソウデカタキウチアイカ
2020年12月9日発売
定価:704円(税込み)
ISBN 978-4-334-79121-6
光文社文庫
判型:文庫判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

長編時代小説/文庫書下ろし翻りの訴 細腕敵討ち哀歌吟味方与力 望月城之進(二)小杉健治/著

骨董屋『清和堂』の主人・七兵衛が殺され、下手人として七兵衛の後添い・おそのが捕われる。吟味の場でおそのは「七兵衛は夫増吉の仇でございました」と訴える。なにゆえ“亡くなった前夫の仇”なのか? 城之進は増吉死亡のいきさつを調べ始める。一方、二度目の吟味で、おそのは一転、下手人はほかにいて自分は無実だと言い出すが……。

文庫

本の検索

売行きランキング一覧

  • Yomeba!
  • 光文社古典新訳文庫「ナルニア国物語」特設サイト

Page Top


株式会社 光文社