• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 著作物利用

詳細検索

ホーム > 文庫 > 知恵の森文庫 > 縁は異なもの

文庫|詳細

縁は異なもの

エンハイナモノ
2007年7月12日発売
定価:649円(税込み)
ISBN 978-4-334-78483-6
知恵の森文庫
判型:文庫判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

縁は異なもの河合隼雄/著 白洲正子/著

本当の言葉で、本物を語る。

著者が共に天才と崇める鎌倉時代の名僧・明恵上人。本書はその明恵上人が結ぶ縁で出会った二人のエッセイを含む対談集。心理学者ならではの河合の導きで、明恵上人、西行、能、両性具有等、白洲正子の著書から選ばれた多彩なテーマを題材に、人間の生きかた、古典、美への深い思いが惜しみなく語られる。互いの信頼感や親交の深さも伝わる貴重な一冊。

目次

縁結びは明恵上人 河合隼雄
I
【対談】白洲正子×河合隼雄
揺れる世紀末日本――まず自分再生から
【対談】白洲正子×河合隼雄
能の物語・弱法師 翁からの変奏曲
【鼎談】白洲正子×河合隼雄×鶴見俊輔
現代人の「かくれ里」考
【対談】白洲正子×河合隼雄
魂には形がある『いまなぜ青山二郎なのか』
付・対話のあとで 河合隼雄

II
KDD訪問 ウソツキクラブ短信9 河合隼雄
名前 白洲正子
悲しみ 河合隼雄
夢の出来事と私の小さな秘密と。――明恵 夢を生きる 白洲正子
西行と明恵 河合隼雄
魂の人 河合隼雄
白洲正子全集刊行に寄せて 河合隼雄

III
【対談】白洲正子×河合隼雄
明恵の夢ひらく
【対談】白洲正子×河合隼雄
命がけと忘我
【対談】白洲正子×河合隼雄
天下国家を論じるよりも

IV
白洲正子さんの思い出 河合隼雄
陽遁 河合隼雄
美の気合い(あとがきにかえて) 河合隼雄

著者紹介

著者:白洲正子
1910年東京生まれ。学習院女子部修了後、14歳でアメリカに留学。帰国の翌年、白洲次郎氏と結婚。4歳から始めた能とともに、日本の歴史風土、美術、工芸に関心をもち、造詣を深める。さらに戦後、青山二郎、山本秀雄らと出会い、文学修業に励む。著書『能面』『かくれ里』(ともに読売文学賞受賞)他多数。'98年逝去。

著者:河合隼雄
1928年兵庫県生まれ。臨床心理学者。心理療法家。京都大学大学院、米・カリフォルニア大学で臨床心理学を学び、'62年スイスのユング研究所に留学。日本人として初めてユング派分析家の資格を得る。'75年京都大学教授、'95年国際日本文化研究センター所長。同年、紫綬褒章受賞。著書『ユング心理学入門』『心の扉を開く』他多数。

文庫

本の検索

売行きランキング一覧

  • Yomeba!
  • 光文社古典新訳文庫「ナルニア国物語」特設サイト

Page Top


株式会社 光文社