• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 文庫 > 古典新訳文庫 > 貧しき人々

文庫|詳細

貧しき人々

マズシキヒトビト
2010年4月8日発売
定価(本体800円+税)
ISBN 978-4-334-75203-3
古典新訳文庫
判型:文庫判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

貧しき人々ドストエフスキー/著 安岡治子/訳

中年のしがない下級役人マカールと、天涯孤独な娘ワルワーラ。二人は毎日手紙で励ましあい、貧しさに耐えている。互いの存在だけを頼りに社会の最底辺で必死に生きる二人に、ある日人生の大きな岐路が訪れる……。後のドストエフスキー文学のすべての萌芽がここにある!

著者紹介

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー [1821-1881]
ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『罪と罰』『白痴』『悪霊』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』そして『地下室の手記』。キリストを理想とした全一的世界観の獲得に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。

[訳者]安岡治子
1956年生まれ。東京大学大学院准教授。主な訳書に『マリヤのための金』『マチョーラとの別れ』(ラスプーチン)、『酔どれ列車、モスクワ発ペトゥシキ行』(エロフェーエフ)、『デルス・ウザラ』(アルセニエフ)。共訳に『フョードロフ伝』(セミョーノヴァ)、『チェゲムのサンドロおじさん』(イスカンデル)。共著に『新版 ロシア文学案内』、『岩波講座 文学8・超越性の文学』などがある。

文庫

本の検索

売行きランキング一覧

  • Yomeba!
  • 光文社古典新訳文庫「ナルニア国物語」特設サイト

Page Top

株式会社 光文社