• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 文庫 > 古典新訳文庫 > 幻想の未来/文化への不満

文庫|詳細

幻想の未来/文化への不満

ゲンソウノミライ ブンカヘノフマン
2007年9月6日発売
定価(本体800円+税)
ISBN 978-4-334-75140-1
古典新訳文庫
判型:文庫判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

幻想の未来/文化への不満フロイト/著 中山元/訳

フロイト文明論集1
宗教とは、何か?
ヨーロッパ・キリスト教社会への絶望的な批判の書

内容 フロイトの洞察
抑圧に抵抗しようとする人間の、自己破壊的な傾向に注目しながら、宗教のはたす役割を考察し、理性の力で宗教という神経症を治療すべきだと説く表題2論文と、一神教誕生の経緯を考察する「モーセと一神教(抄)」。後期を代表するアクチュアルな3つの論文を収録。

現代のヨーロッパ社会のあり方と、キリスト教という宗教の本質についての洞察を示した本書から、晩年のフロイトのもつ苦い味と、人間にたいする透徹したまなざしが実感できる。

目次

幻想の未来

文化への不満

人間モーセと一神教(抄)

解説 中山元

年譜

訳者あとがき

著者紹介

著者:ジークムント・フロイト [1856-1939]
東欧のモラビアにユダヤ商人の長男として生まれる。幼くしてウィーンに移住。開業医として神経症の治療から始め、人間の心にある無意識や幼児の性欲などを発見、精神分析の理論を構築した。1938年、ナチスの迫害を逃れ、ロンドンに亡命。'39年、癌のため死去。主著に『夢判断』『精神分析入門』『自我とエス』など。

訳者:中山 元
1949年生まれ。哲学者、翻訳家。主著に『思考のトポス』『フーコー入門』『はじめて読むフーコー』『思考の用語辞典』『<ぼく>と世界をつなぐ哲学』ほか。訳書に『自我論集』『エロス論集』(共にフロイト)、『呪われた部分 有用性の限界』(バタイユ)、『パピエ・マシン(上・下)』(デリダ)、『永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編』(カント)、『責任と判断』(アレント)ほか多数。

文庫

本の検索

売行きランキング一覧

  • Web光文社文庫
  • 佐伯泰英特設サイト

Page Top

株式会社 光文社