• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 著作物利用

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > なぜ中学受験するのか?

新書|詳細

なぜ中学受験するのか?

ナゼチュウガクジュケンスルノカ?
2021年11月18日発売
定価:858円(税込み)
ISBN 978-4-334-04573-9
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

なぜ中学受験するのか?おおたとしまさ/著

延々とくり返されてきた中学受験の是非論に、気鋭の教育ジャーナリストがファイナルアンサー‼ 私立中高一貫校の六年間で得られるものは何か……、中学受験勉強の約三年間で得られるものは何か……。著者曰く「そもそも中学受験にメリットもデメリットもない。むしろ中学受験で得られるもののうち、何をメリットと感じ、何をデメリットと感じるかにそのひとの教育観、幸福観、人生観などの価値観が表れる」ただし「中学受験はやり方次第で良薬にも毒にもなる」とも。中学受験を良薬にする方法とはこれいかに……。膨大な取材経験を背景に、ときに歴史を遡り、ときに海外にまで視野を広げ、さまざまなジャンルの参考文献にふれながら、中学受験をする意味とそこから得られるものの正体を、壮大なスケールで描き出す。

目次

はじめに
第 一 章  12歳でやるか15歳でやるか 〜中高一貫教育の意味     
第 二 章 シラバスよりハビトゥス 〜私学に通う意味     
第 三 章  バットを持つか鉛筆を持つか 〜塾で学ぶ意味     
第 四 章 偏差値よりも生きる指針 〜親子で取り組む意味     
おわりに     

著者紹介

おおたとしまさ
1973年10月14日、東京都出身。教育ジャーナリスト。麻布中学・高校卒業。東京外国語大学英米語学科中退。上智大学英語学科卒業。1997年、株式会社リクルート入社。雑誌編集に携わり2005年に独立後、いい学校とは何か、いい教育とは何かをテーマに教育現場のリアルを描き続けている。新聞・雑誌・Webへのコメント掲載、メディア出演、講演多数。中高の教員免許、小学校での教員経験、心理カウンセラーとしての活動経験もある。著書は『名門校とは何か?』、『ルポ塾歴社会』、『ルポ教育虐待』、『中学受験「必笑法」』、『正解がない時代の親たちへ』など70冊以上。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社