• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 日本のスポーツビジネスが世界に通用しない本当の理由

新書|詳細

日本のスポーツビジネスが世界に通用しない本当の理由

ニッポンノスポーツビジネスガセカイニツウヨウシナイホントウノリユウ
2021年2月17日発売
定価(本体820円+税)
ISBN 978-4-334-04524-1
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

日本のスポーツビジネスが世界に通用しない本当の理由葦原一正/著

私は、これからの日本スポーツビジネスのメイントピックは5つだと思っている。
それは、「Governance」「Professional」「Arena」「Global」「Engagement」。この5つをテーマに、以降の各章で私の今思っているところを1つずつ詳細に記していきたいと思う。スポーツビジネスの世界で生きている人、これからスポーツビジネスの世界を志す人に読んでもらいたいのはもちろんだが、スポーツに興味のないビジネスマンにも手に取ってもらえたら嬉しい。
私と異なる視点でスポーツビジネスをとらえている方も、もちろんいるだろう。それで構わない。先ほどの5つの頭文字をつなげると「PAGE」だ。これからの日本スポーツビジネスの新しい1ページをみなさんと創っていきたい。
(「PROLOGUE」より)

目次

PROLOGUE 5つのキーワード
01 GOVERNANCE
―スポーツビジネスの基本について話そう―
02 PROFESSIONAL
―何が必要とされるのか―
03 ARENA
―「アリーナ」から見る経営と閉鎖型モデル―
04 GLOBAL
―したたかに世界をうかがう存在であれ―
05 ENGAGEMENT
―招待券からデジタル活用まで―
06 FUTURE
―アフター・コロナとスポーツ―
EPILOGUE これからスポーツビジネスを目指す君へ

著者紹介

葦原一正(あしはらかずまさ)
1977年生まれ。スポーツビジネスコンサルタント。早稲田大学大学院理工学研究科修了。戦略コンサルティング会社アーサー・D・リトル・ジャパンに入社。2007年にオリックス・バッファローズに入社。2012年、新規参入した横浜DeNAベイスターズを経て、2015年、公営社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグに事務局長として入社。国内男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」を立ち上げ、3年でリーグ売上10倍(50億円)、入場者数50%増(260万人)に。2020年、株式会社ZERO-ONE設立。スポーツビジネスを中心としたコンサルティングを開始。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社