• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > いつまでも親がいる

新書|詳細

いつまでも親がいる

イツマデモオヤガイル
2021年2月17日発売
定価(本体780円+税)
ISBN 978-4-334-04522-7
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

いつまでも親がいる超長寿時代の新・親子論島田裕巳/著

親子というのは難しい。これは誰もが経験するところです。(中略)
この本では、とかく難しい親子の関係を、世界観にまで遡って考え直していきたいと思っています。
問題が難しいものであれば、その根本に立ち返ってみる必要があります。その作業を経ることで、問題の所在がはっきりしてくることがあるはずなのです。
現代の社会は、大きな変化のなかにあります。その変化のなかには、親子の関係も当然含まれています。
私たちは、そうした変化にどのように対応したらいいのか。それを見出していくことが、この本の中心となる課題なのです。   (「はじめに」より)

目次

はじめに
第一章    超長寿社会のなかの親と子
第二章    親になることの重要性
第三章    神さまが親の社会
第四章    親を十分に語れないキリスト教と仏教
第五章    何が日本の親子関係を規定しているのか
第六章    親子合一
第七章    合一から自立へ
第八章    親はなくとも子は育つ
おわりに

著者紹介

島田裕巳(しまだひろみ)
1953年、東京都生まれ。76年、東京大学文学部宗教学宗教史学専修課程卒業、84年、同大学大学院人文科学研究科博士課程修了(宗教学専攻)。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。現在は作家、宗教学者、東京女子大学非常勤講師。著書に、『お経のひみつ』(光文社新書)、『創価学会』(新潮新書)、『日本の10大新宗教』『葬式は、要らない』『浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか』(以上、幻冬舎新書)など多数。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社