• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 定年前、しなくていい5つのこと

新書|詳細

定年前、しなくていい5つのこと

テイネンマエ、シナクテイイイツツノコト
2020年12月16日発売
定価:924円(税込み)
ISBN 978-4-334-04513-5
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

定年前、しなくていい5つのこと「定年の常識」にダマされるな!大江英樹/著

間違った定年対策に惑わされないために
世の中の「定年準備」のアドバイスの多くは、不安を煽るタイプのものや、「べき」「ねばならぬ」論がほとんどである。そうしたものを見聞きしていると、定年を迎えることに対して憂鬱で心配な気持ちになってしまう。
だが、実際に経験してみると、定年後の生活は、お金にしても仕事にしても、それほど心配する必要はなく、「楽園」とすら思えることがよくわかる。むしろ不安に煽られて間違った行動を起こすほうがよほど危険である。
本書では、経済コラムニストであり退職後8年を経過した著者が、自身の体験と豊富な取材・知識に基づいて、老後の不安解消のための考え方と、「不安に駆られてやらないほうがいいこと」を具体的に指南する。

目次

第1章   お金の心配、する必要はナシ!
第2章   サラリーマン脳は捨てよう!
第3章   夫婦で旅行なんて行かなくてもいい
第4章   地域コミュニティとは付き合わなくてもいい!
第5章   趣味がなくても一向に平気!
第6章   でも、これだけはやっておこう
第7章   人生は60歳からが面白い

著者紹介

大江英樹(おおえひでき)
1952年大阪府生まれ。経済コラムニスト。オフィス・リベルタス代表。大手証券会社で個人資産運用業務や企業年金制度のコンサルティングなどに従事。定年まで勤務し、2012年に独立後は、「サラリーマンが退職後、幸せな生活を送れるように支援する」という理念のもと、資産運用やライフプラニング、行動経済学に関する講演・研修・執筆活動を行っている。CFP(日本FP協会認定)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、日本証券アナリスト協会検定会員、行動経済学会会員。著書に『定年前』『資産寿命』(ともに朝日新書)、『「定年後」の“お金の不安”をなくす』(総合法令出版)、『定年3.0』『定年男子 定年女子』(ともに日経BP)、『知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生』(日経ビジネス人文庫)など多数。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社