• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選

新書|詳細

太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選

オオタカズヒコノフラリタビ シン・イザカヤヒャクセン
2020年9月17日発売
定価(本体1,300円+税)
ISBN 978-4-334-04496-1
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選名酒放浪編太田和彦/著

 今、中高年夫婦に、ゆっくり居酒屋を巡る旅が人気です。それには最低2泊を奨めます。着いて翌日帰るのではあわただしい。朝その町で目覚めて、また眠るのが旅の良さ。
  夫婦旅でも一日中一緒にいることはありません。私は美術館とお買いもの、オレは歴史を訪ねて町歩き。夜の居酒屋で一日を報告しあうのもよいものです。また、カウンターで居酒屋主人や女将と親しくなり、土地の話などうかがうのは旅の味わいを深めます。
  ご夫婦で、家族で、親孝行で、恋人と、仲間と、そして旅の醍醐味・一人旅にも、この本が役立てば幸いです。(「はじめに」より)

著者紹介

太田和彦(おおたかずひこ)
1946年中国北京生まれ、長野県出身。デザイナー、作家。東京教育大学(現・筑波大学)教育学部芸術学科卒業。資生堂宣伝制作室アートディレクターを経て独立。2001~08年、東北芸術工科大学教授。本業のかたわら日本各地の居酒屋を訪ね、数々の著作を発表。著書に『居酒屋百名山』『ニッポン居酒屋放浪記』『ひとり飲む、京都』『超・居酒屋入門』(以上、新潮文庫)、『居酒屋を極める』(新潮新書)、『太田和彦の居酒屋味酒覧〈決定版〉精選204』(新潮社)、『太田和彦の東京散歩、そして居酒屋』(河出書房新社)、『東海道居酒屋五十三次』『居酒屋かもめ唄』(以上、小学館文庫)、『居酒屋おくのほそ道』(文春文庫)、『ひとり旅 ひとり酒』(京阪神エルマガジン社)、『老舗になる居酒屋』(光文社新書)など多数。BSイレブン『太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選』出演中。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社