• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > あなたのメールは、なぜ相手を怒らせるのか?

新書|詳細

あなたのメールは、なぜ相手を怒らせるのか?

アナタノメールハ、ナゼアイテヲオコラセルノカ?
2019年10月17日発売
定価(本体820円+税)
ISBN 978-4-334-04440-4
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

あなたのメールは、なぜ相手を怒らせるのか?仕事ができる人の文章術中川路亜紀/著

現在、仕事の大半のやり取りは「メール」で進む。誰もが日々、メールの対応に長い時間を費やす時代である。優柔不断な返信、バカ丁寧で長過ぎるメールで相手の時間を奪うことは、「迷惑」だと感じられるようになった。一方で、無頓着過ぎるメールは、相手に不信感や不快感を与え、さらに多くの時間とエネルギーを費やすことにもつながる。書き言葉には限界があるが、過不足なく、端的に、ふさわしい表現で相手の心にピタリとはまるメールを書くにはどうすればいいのか。依頼する、断る、お詫びをする――さまざまな場面で「短くて気持ちのいいメール」を書く秘訣を、メール・ビジネス文書・手紙に関するロングセラーを書いてきた著者が大公開する。

目次

第1章 「感じのいいメール」は想像力から生まれる
第2章 「書くのがラクになる」基本ルール
第3章 「戦略的に書く」ための応用ルール
第4章 アポイントをワンツーで決める
第5章 やる気になってもらうお願いメール
第6章 「即レス」しない返信術
第7章 「伝えにくいこと」を文章で伝える
第8章 キレた相手に、メールで対応する
第9章 「本当に申し訳ございません」をどう書くか
第10章 あなたのメールが、人と人をつなぐ
第11章 あの人の心に寄り添う

著者紹介

中川路亜紀(なかがわじあき)
1956年神戸生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社勤務を経て、1998年にコミュニケーション・ファクトリーを設立。ビジネス文書、メールなどビジネスコミュニケーション関連の企画・著述・講演活動を行っている。著書に、『気のきいたモノの言い方ができる本』『気のきいた短いメールが書ける本』『気のきいた手紙が書ける本』(すべてダイヤモンド社)、『ビジネスメール即効お役立ち表現』(集英社)などがある。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社