• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 暴走トランプと独裁の習近平に、どう立ち向かうか?

新書|詳細

暴走トランプと独裁の習近平に、どう立ち向かうか?

ボウソウトランプトドクサイノシュウキンペイニ、ドウタチムカウカ?
2018年11月15日発売
定価(本体860円+税)
ISBN 978-4-334-04380-3
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

暴走トランプと独裁の習近平に、どう立ち向かうか?細川昌彦/著

2018年9月、トランプ大統領は国連演説においてグローバリズムを明確に拒否した。世界貿易機関(WTO)に対する批判も強め、WTOの脱退までちらつかせている。
日本もその米国問題の標的にされそうになっている。
「日本は『こんなに長い間、米国をうまくだませたなんて信じられない』と、ほくそ笑んでいる。そんな日々はもう終わりだ」
安倍総理との日米首脳会談を控えて、トランプ大統領はこう凄んでみせた。これまで何とかしのいできた安倍総理も米国中間選挙が終わって、本格的な日米交渉が待ち受けている。(「はじめに」より)

目次

第一章 トランプと向き合う日本
第ニ章 TPPと日米FTA
第三章 暴走するトランプ流・通商戦略
第四章 米中の激突
第五章 習近平の“紅い資本主義”にどう立ち向かうか
第六章 日本は米中にどう向き合うのか

著者紹介

細川昌彦(ほそかわまさひこ)
1955年1月生まれ。中部大学特任教授。77年、東京大学法学部卒業、通商産業省入省。通商政策局米州課長、貿易管理部長など通商交渉を最前線で担当した。在職中にスタンフォード大学客員研究員、ハーバード・ビジネス・スクールAMP修了。また、中部経済産業局長として「グレーター・ナゴヤ」構想を提唱。日本貿易振興機構ニューヨーク・センター所長も務めた。経済産業省退職後、現在は教鞭をとる傍ら、自治体や企業のアドバイザーを務める。テレビのコメンテーターとしても活躍。著書に『メガ・リージョンの攻防』(東洋経済新報社)がある。ウェブマガジン、新聞にも連載記事を持つ。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社