• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > デスマーチはなぜなくならないのか

新書|詳細

デスマーチはなぜなくならないのか

デスマーチハナゼナクナラナイノカ
2016年11月17日発売
定価(本体760円+税)
ISBN 978-4-334-03954-7
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

デスマーチはなぜなくならないのかIT化時代の社会問題として考える宮地弘子/著

無理なプロジェクトと分かっていながら圧力に屈したり感情に流されたりして参加した結果であるどころか、そもそも、プロジェクトの要求仕様からチームの構成、期間まで、すべてが霧に包まれており、管理不能なほどめまぐるしく状況が変転していくなか、問題に対する真の対策をとることができないままなんとかしてソフトウェアをつくりあげていくうちに、なぜか皆、足並みを揃えて「死地に赴いて」しまうということ。そして、そのことが自慢にすらなり得るということ。(「はじめに」より)――当事者の証言の分析から明らかになった驚愕の事実とは? 自らソフトウェア開発に携わっていた、新進気鋭の社会学者による瞠目すべき論考!

目次

はじめに
第一章 究極の迷宮――どのようなものづくりとも異なるソフトウェア開発の特質
第二章 「デスマーチ」の語り――ソフトウェア開発者たちに聞く経験
第三章 当事者にとっての「デスマーチ」の経験とは
第四章 「人々の社会学」という考え方――逸脱の問題から常識の問題へ
第五章 「あたりまえ」の起源を探る
第六章 今、「デスマーチ」が問題化していることの意味
第七章 IT化時代の社会問題としての「デスマーチ」
おわりに             

著者紹介

宮地弘子(みやじひろこ)
学習院大学大学院修了後、ソフトウェア開発企業二社に勤務。組み込みシステムやアプリケーションソフトウェアの受託開発・自社製品開発にエンジニアとして携わる。その後、筑波大学大学院にて博士号取得(社会学)。専門分野は、現象学的社会学、エスノメソドロジー、主にIT業界をフィールドとした働くことをめぐる諸問題の社会学。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社