• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 毎日同じ服を着るのがおしゃれな時代

新書|詳細

毎日同じ服を着るのがおしゃれな時代

マイニチオナジフクヲキルノガオシャレナジダイ
2016年10月18日発売
定価(本体740円+税)
ISBN 978-4-334-03949-3
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

毎日同じ服を着るのがおしゃれな時代今を読み解くキーワード集三浦展/著

シンプル族/クレジットカードを退会する/ワンランクアップからワンランクダウンへ/おさがりからおあがりへ/若い男性の主婦化と老若男女同一市場/中年男性のおうち化/表参道にいらつく/かまやつ女/きれいなおじさん/暗黒女/黒いママチャリ/ポロからボロへ/隠れバブル/中年男性二人連れ/3人の高齢者が1人の若者を支える/ゆるやかな大家族/有料会話/ソーシャル子育て/熟年結婚/墓友、墓ペット、墓シェア/古いものが残っている街/コムビニ/コモビリティ/チョッピングモール/寝るだけベッドタウンから寝たきりベッドタウンへ/地方好きな若者/商店街をシェア店街に/新ご近所づきあい/銭湯を新築する時代

目次

まえがき  
1 消費行動の変化
2 世代の新しい意識
3 少子高齢社会の男女と家族
4 都市や街はどう変わっていくべきか

著者紹介

三浦展(みうらあつし)
1982年、一橋大学社会学部卒業。(株)パルコ入社。86年、マーケティング情報誌「アクロス」編集長。90年、三菱総合研究所入社。99年、カルチャースタディーズ研究所設立。消費社会、家族、若者、階層、都市などの研究を踏まえ、新しい時代を予測し、社会デザインを提案している。著書に『下流社会』『東京は郊外から消えていく!』『下流老人と幸福老人』(以上、光文社)、『第四の消費』(朝日新聞出版)、『データでわかる2030年の日本』(洋泉社)、『「家族」と「幸福」の戦後史』(講談社)、『吉祥寺スタイル』(文藝春秋)、『郊外・原発・家族』(勁草書房)他多数。近著に『東京田園モダン』(洋泉社)、『商業空間は何の夢を見たか』(平凡社)。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社