• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > テニスプロはつらいよ

新書|詳細

テニスプロはつらいよ

テニスプロハツライヨ
2016年8月17日発売
定価(本体740円+税)
ISBN 978-4-334-03941-7
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

テニスプロはつらいよ世界を飛び、超格差社会を闘う井山夏生/著

テニス界では「世界ランキングで100位になれば食べていける」と言われている。100位=100人は、単純に言えば、グランドスラム大会に予選なしに出場できる選手数だ。
グランドスラムは、全豪(メルボルン)、全仏(パリ)、全英(ロンドン)、全米(ニューヨーク)の4大会のことを指す。歴史と格式があって賞金額も抜群に高いこの4大会は、本戦に出場するだけで約400万円の賞金が用意されている。つまり、4つの大会に出場することができれば、すべて1回戦負けだったとしても約1600万円の賞金が手に入る。これならテニスで食っていける。そして、そのために必要なのが、世界100位のポジションなのだ。

目次

プロローグ
第1章 10歳では遅すぎる――「テニス親」はつらいよ
第2章 プロになるためのテスト期間                    
第3章 テニスプロはつらいよ
第4章 24歳はもう若くない
エピローグ

著者紹介

井山夏生(いやまなつお)
1960年生まれ。80年、81年のウィンブルドン決勝、ボルグ対マッケンローの伝説の試合が学生時代。「テニスはやっぱり面白い」と思い創刊されたばかりの「テニスジャーナル」編集部で働き始める。30歳から18年間編集長を務め、その後フリーランスの編集者兼ライターに。中学生だった松岡修造がもうすぐ50歳。長年にわたり多くのテニス選手に触れて、周りからは一応テニスに詳しい専門家と見られている……ようだ。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社