• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 二塁手革命

新書|詳細

二塁手革命

ニルイシュカクメイ
2015年4月16日発売
定価(本体740円+税)
ISBN 978-4-334-03851-9
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

二塁手革命菊池涼介/著

プロ入団1年目から頭角を現し、’13年と’14年は2年連続でゴールデングラブ賞を獲得。今や日本を代表する二塁手となり、メジャーも驚かせた男、菊池涼介。ライト前と言っていいほど誰よりも深い位置で守るが、打ち立てた補殺の日本記録を自ら更新するほどの確実性。広角に打ち分け、時には悪球も打ってヒットを量産し、身長171㎝ながら同じく2年連続で二桁本塁打を記録した大胆不敵なバッティング。いったい菊池は試合中に何を考え、プレーしているのか? 野球観からプライベートまで素顔を披露した“規格外”の一冊!

目次

第1章 なぜ、ヒットをアウトにできるのか?~守備編
第2章 なぜ、あの天才打者と並ぶことができたのか?~打撃編
第3章 なぜ、小さくても結果を出せるのか?~フィジカル・走塁編
第4章 キクチの秘密~シーズンオフ・プライベート編
第5章 いかにしてキクチはつくられたか?~生い立ち編
第6章 なぜ優勝できなかったのか?~2014年シーズンを振り返る
第7章 これからのキクチ~日本代表・今シーズン

著者紹介

菊池涼介(きくちりょうすけ)
1990年東京都生まれ。広島東洋カープ&侍ジャパン不動のセカンド。背番号33。武蔵野工大第二高―中京学院大を経て、2012二年のドラフト会議で二位指名を受け入団。13年に141試合出場し、中日の荒木雅博を抜いて二塁手シーズン最多補殺記録528を達成。初のゴールデングラブ賞を獲得。14年には自身の持つ補殺記録を535に塗り替え、2年連続のゴールデングラブ賞に輝く。また、打撃でも打率リーグ二位の三割二分五厘を記録。同年に行われた日米野球の試合ではスーパープレーを連発。その守備の能力はメジャーリーグからも高い評価を得た。現在、球場で観ていて最もワクワクするプレーヤー。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社