• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > サルバルサン戦記

新書|詳細

サルバルサン戦記

サルバルサンセンキ
2015年3月17日発売
定価(本体820円+税)
ISBN 978-4-334-03850-2
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

サルバルサン戦記秦佐八郎 世界初の抗生物質を作った男岩田健太郎/著

島根県出身の細菌学者・秦佐八郎(1873~1938)。現在の日本ではそれほど知られていないが、当時難病だった梅毒の特効薬「サルバルサン」(世界初の抗生物質)を、ドイツのパウル・エールリッヒ(ノーベル生理学・医学賞受賞)と共に開発し、多くの人の命を救った男である。
その秦佐八郎の人生を、現代の感染症界のエースであり、同じ島根県出身の岩田健太郎が、ノンフィクション・ノベルとして描きだす。佐八郎と当時の名だたる研究者との交流や葛藤、また彼らの生き様を通して、研究とは何か、実験とはどういうものなのか、科学者として頭がよいとはどういうことなのか、研究者に特有のプライドや競争意識と研究倫理など、現代に通ずるテーマとして問いかける。

目次

序 サルバルサン「戦」記
一 サルバルサン「戦」記――I
二 サルバルサン「前」記――I
三 サルバルサン「戦」記――II
四 サルバルサン「前」記――II
五 サルバルサン「戦」記――III
六 サルバルサン「前」記――III
七 サルバルサン「戦」記――IV
八 サルバルサン「前」記――IV
九 サルバルサン「戦」記――V
終章 サルバルサン「後」記

著者あとがき

著者紹介

岩田健太郎(いわたけんたろう)
1971年島根県生まれ。島根医科大学(現・島根大学医学部)卒業。沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院を経て、2008年より神戸大学。神戸大学都市安全研究センター医療リスクマネジメント分野および医学研究科微生物感染症学講座感染治療学分野教授。神戸大学病院感染症内科診療科長。著書に『予防接種は「効く」のか?』『1秒もムダに生きない』『99・9%が誤用の抗生物質』『「感染症パニック」を防げ! 』(以上、光文社新書)、『感染症外来の事件簿』(医学書院)、『「リスク」の食べ方』『食べ物のことはからだに訊け!』(以上、ちくま新書)、『「患者様」が医療を壊す』(新潮選書)など多数。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top


株式会社 光文社