• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > アンベードカルの生涯

新書|詳細

アンベードカルの生涯

アンベードカルノショウガイ
2005年2月16日発売
定価(本体1,000円+税)
ISBN 978-4-334-03295-1
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

アンベードカルの生涯D・キール/著 山際素男/訳

ガンジーに鋭く迫った。
「私には祖国がありません」
不可触民解放の父の全貌


「もし私が、私がそこに生れ育った階級が呻吟する、忌わしい奴隷制と非人間的不正をやっつけることができなかったら、頭に弾丸をぶちこんで死んでみせる」
この国、いや外国においてすら、アンベードカルほど波瀾に富み、刺激的でロマンチックな人間は稀であろう。牛糞にまみれた不可触民の子として生れ、不治の病のように忌み嫌われた少年時代を送り、床屋、宿屋、寄宿舎、車、寺院、役所といった社会の総てから疎外され、飲水、食物すら拒否される人生を歩まされ、やがて世界的最高学府で学位を取りながら、その一歩一歩を徒手空拳、血と汗を流し一つ一つ取ってゆかねばならなかった。
六五歳という短い生涯の中で、これほどまで多才な目覚ましい働きと学識を誇り得たということは、現代社会では恐らく類のない出来事であろう。

◆『ブッダとそのダンマ』に賭けた仏教再生への凄絶な人生
アンベードカルの名はインドの歴史に不滅なものとして残るであろう。彼の理念の大部分は憲法の中に織り込まれている。彼はマヌの権威に挑戦し、彼をその聖座からひきずり下ろした。これは、この古い歴史を誇る国の歴史にかつてない勝利であった。彼は彼の属する社会の誰もが望みえなかったことを達成し、彼らの代弁者として戦った。彼は現代における第一級の人物の一人である、それも虐げられ抑圧された人びとの側に立つ解放者として――。

目次

訳者まえがき
第一章 二五〇〇年
第二章 幼年、青年時代
第三章 自立
第四章 時の人
第五章 奴隷制に抗して
第六章 独立宣言
第七章 輝ける星
第八章 土地、労働、教育
第九章 世界世論の審判
第十章 ガンジーとの闘い
第十一章 休戦
第十二章 現実
第十三章 青天の霹靂
第十四章 ヒンズーイズムの断罪
第十五章 新政党の誕生
第十六章 労働者のリーダー
第十七章 連邦制度とパキスタン
第十八章 泥小屋から栄光の座へ
第十九章 労働大臣として
第二十章 制憲議会
第二十一章 現代のマヌ
第二十二章 仏教への傾斜
第二十三章 再び野に下る
第二十四章 飽くなき批判
第二十五章 仏教の復活
第二十六章 最後の旅
参考文献

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社