• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 書籍 > ノンフィクション、学芸 > 8歳から80歳までの世界文学入門

書籍|詳細

8歳から80歳までの世界文学入門

ハッサイカラハチジュッサイマデノセカイブンガクニュウモン
2016年8月16日発売
定価(本体1,800円+税)
ISBN 978-4-334-97882-2
ノンフィクション、学芸
判型:四六判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

8歳から80歳までの世界文学入門対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義4沼野充義/編著

いまだから、文学だからこそできること
池澤夏樹×沼野充義
日本文学を問い直す
「日本文学全集」というあらたな試み

どうしても物語が必要だ

小川洋子×沼野充義
あなたの中の「子ども」に捧げる
大人にもある子どもの世界

子どもと絵本翻訳が教えてくれたこと

青山南×沼野充義
あなたの中の「子ども」に捧げる
絵本と翻訳の楽しみ

私の「スイートスポット」が
呼び寄せたアメリカ現代小説

岸本佐知子×沼野充義
あなたの中の「子ども」に捧げる
子どもの文学の「気になる部分」

外から見た日本現代文学
マイケル・エメリック×沼野充義
文学と翻訳の世界性をめぐって

著者紹介

沼野充義(ぬまのみつよし)
1954年、東京都生まれ。文芸評論家。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授(現代文芸論・スラヴ語スラヴ文学研究室)。専門はロシア・ポーランド文学。東京大学教養学部教養学科卒業、ハーヴァード大学大学院、東京大学大学院人文科学研究科、に学ぶ。
著者に『屋根の上のバイリンガル』、『ユートピアへの手紙――世界文学からの20の声』『W文学の世紀 へ――境界を越える日本語文学』『徹夜の塊 亡命文学論』(2002年サントリー学芸賞受賞)『ユートピア文学論 徹夜の塊』(2003年読売文学賞受賞)『世界は文学でできている――対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義』『やっぱり世界は文学でできている――対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義2』『それでも世界は文学でできている――対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義3』『世界文学から/世界文学へ 文芸時評の塊1993-2011』『チェーホフ――七分の絶望と三分の希望』など。訳書にシンボルスカ『終わりと始まり』、レム『ソラリス』『完全な真空』、ブロツキイ『私人――ノーベル賞受賞講演』、ナボコフ『賜物』、チェーホフ『かもめ』『新訳 チェーホフ短篇集』など。日本文学の海外への紹介にも意欲的に取り組んでいる。

書籍

本の検索

売行きランキング一覧

  • 美人時間シリーズ
  • 舟を編む

Page Top

株式会社 光文社