• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 書籍 > ノンフィクション、学芸 > 「甘え上手」な子育て論

書籍|詳細

「甘え上手」な子育て論

「アマエジョウズ」ナコソダテロン
2011年7月19日発売
定価(本体1,200円+税)
ISBN 978-4-334-97656-9
ノンフィクション、学芸
判型:四六判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

「甘え上手」な子育て論堂珍敦子/著

「VERY」の専属モデルとして活躍しながら、4人の子どもを育てる堂珍敦子。
本人が「どん底をみてから這い上がったら景色が違ってみえた」と語るように、一回「地獄」を体験したからこそ学ぶことができた「ま、いっか」精神の子育て術、人生観は、子育て現在進行形で悩む母親たちを救うはず!

「仕事があるからこそ、4人の母親になれた」
「子育ては、すべてを母親一人で成立させる必要はない」
「自分のやり方を貫き通せば、自分が疲れるだけ」
「大船に乗ったつもりで任せていれば、必ずいい方向に持っていってくれる」「夫には期待していない」
「ほとんど育児を手伝ってくれなくても、夫婦関係がうまくいっていれば、妻も不安を感じないはず」
「夫婦や家族には、それぞれの形があっていい。他の家と比べるものでもないし、こうでなければならないというものでもない」
「4人合わせて19針」
「時間がないのは自分だけ、子どもには無限の時間がある」
「失敗するのが子どもの仕事 「ま、いっか」は気持ちを切り替えるスイッチ」「使えるものは、子どもでも使う」
「お受験は夫婦の価値観とビジョンを再確認するいい機会」
「たかが小学校」あくまでも子どもの教育のベースは家庭にある」
「自分の時間がゼロになったからこそ、自分は何をするべきなのか、何がやりたいのかがはっきりと見えてきた」

目次

グラビア
まえがき
第1章 仕事があるから母親業も頑張れる
第2章 子育ては昭和が教えてくれた
第3章 初めてのお受験、そして小学校入学
第4章 母親だって夢がある
あとがき

著者紹介

堂珍敦子(どうちんあつこ)
1978年、奈良県生まれ。2000年キリンビールキャンペン―ンガールでデビュー。『JJ』専属モデルと務めたのち、2004年結婚。同年12月第一子出産。産休後、『VERY』の専属モデルに。2006年7月号より表紙モデルを務める。同年9月第二子出産。2009年6月には第三子、四子となる双子を出産。現在、4人の子どもを育てながら『VERY』の人気モデルとして活躍中。

書籍

本の検索

売行きランキング一覧

  • 美人時間シリーズ
  • 舟を編む

Page Top

株式会社 光文社