• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 書籍 > フィクション、文芸 > 妖曲羅生門 御堂関白陰陽記

書籍|詳細

妖曲羅生門 御堂関白陰陽記

ヨウキョクラショウモン ミドウカンパクオンミョウキ
2017年9月14日発売
定価(本体1,900円+税)
ISBN 978-4-334-91186-7
フィクション、文芸
判型:四六判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

妖曲羅生門 御堂関白陰陽記高井忍/著

「妖曲鉄輪(かなわ)」
平安の都の南、宇治の里に現れた、鉄輪をかぶる凄まじい鬼女──
「妖曲土蜘蛛(つちぐも)」
源氏の総領・頼光の邸に化生が! 血の痕を追うと、法体の老人の死体が土の下から──
「妖曲小鍛冶(こかじ)」
名匠・小鍛冶宗近が打った至上の名刀にのこされた「小狐」の銘の秘密とは──
「妖曲草子洗(そうしあらい)」
小野小町が草子から偽りの文字のみを洗い流した逸話の真否が問われることに──
「妖曲羅生門(らしょうもん)」
渡辺綱が斬って落とした羅城門の女の腕は、しかし男の、鬼のものだった──

書籍

本の検索

売行きランキング一覧

  • 美人時間シリーズ
  • 舟を編む

Page Top

株式会社 光文社