• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 書籍 > フィクション、文芸 > 狐の飴売り

書籍|詳細

狐の飴売り

キツネノアメウリ
2017年3月15日発売
定価(本体1,700円+税)
ISBN 978-4-334-91157-7
フィクション、文芸
判型:四六判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

狐の飴売り栄之助と大道芸人長屋の人々宮本紀子/著

大内屋の惣領息子・栄之助は今日も吉原通い。馴染みの花魁と盛り上がっての朝帰り。と、裏の稲荷で許婚・お喜代と栄之助の弟・松次郎のひそひそ声が。なんとお喜代の腹に松次郎の子が宿っているというではないか。「喜代もお店も、みんな松次郎にくれてやるさ!」と、家を飛び出した栄之助。だが誰も後を追ってはこない。惣領息子でなくなった栄之助に女たちは冷たく、行く当てもない。
辿り着いたのは、嘗て栄之助の乳母をしていたお滝と、その息子・彦吉が営む小さな飴屋。お滝は快く迎えてくれたが、栄之助の贅沢で傲慢な暮らしぶりに彦吉はぶち切れた。そこへやってきたのは常連の好々爺。「あんた飴売りにでもなりなはれ」と栄之助に持ちかけ、長屋暮らしまで勧める。ほいほいと行った先には、顔の半分が若くもう半分が爺さんという形の男や、大きな軀を真っ黒に塗った弟とその兄。猫の面をつけた托鉢僧など、大道芸を生業とする人間ばかりが住んでおり――。

書籍

本の検索

売行きランキング一覧

  • 美人時間シリーズ
  • 舟を編む

Page Top

株式会社 光文社