• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 書籍 > フィクション、文芸 > うと そうそう

書籍|詳細

うと そうそう

ウト ソウソウ
2016年12月14日発売
定価(本体1,400円+税)
ISBN 978-4-334-91138-6
フィクション、文芸
判型:四六判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

うと そうそう森泉岳土/著

45歳になった男は思いたって会社を休み、ニューヨークを訪れた。「俺はいまどこを走っているのだろう―」ひたすら走りつづけてきた人生に男は思いを馳せる。(「複数の足」) カフェモカを飲み、急に女子高生のころの記憶がよみがえった女。ある放課後、片思いしていた英語教師を町で見かけ、いたずら心から後をつけてみたのだが……。(「甘い憎悪」)夢のなかの部屋には毛の生えた奇妙な置物があったんです―。季節外れのリゾートホテルで出会った男は、昨晩見た夢を語りはじめる。(「うつしき夢を」) 小学生の照は塾の帰り、3 本見送って21時45分のバスに乗る。22 時2分、幼なじみの楓が乗ってくる。楓を家まで送って帰宅した照は、ある理由から決まった時間に夜空を見上げる。(「少年短信」) 「うとそうそう」とは、月日の経つのが速いこと。気鋭の漫画家がスケッチする、15のショートストーリー。あの日のわたしがいるから、いまのわたしがいる。解説・大林宣彦

書籍

本の検索

売行きランキング一覧

  • 美人時間シリーズ
  • 舟を編む

Page Top

株式会社 光文社