• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 文庫 > 光文社文庫 > 蚤とり侍

文庫|詳細

蚤とり侍

ノミトリザムライ
2017年10月11日発売
定価(本体660円+税)
ISBN 978-4-334-77548-3
光文社文庫
判型:文庫判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

傑作時代小説蚤とり侍小松重男/著

「猫の蚤とりになって無様に暮らせ!」主君の逆鱗に触れた長岡藩士・小林寛之進は、猫の蚤とり――実は“淫売夫”に身を落とす。下賤な生業と考えていた寛之進だが、次第に世に有用な、むしろ崇高な仕事だと確信する。ところが政権が変わり、蚤とり稼業が禁止に。禁令の撤廃を願い出る寛之進だが……。(表題作)江戸の浮き世を懸命に生きた愛すべき人々の物語、全六編。

文庫

本の検索

売行きランキング一覧

  • Web光文社文庫
  • 光文社古典新訳文庫「ナルニア国物語」特設サイト

Page Top

株式会社 光文社