• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 巨大企業は税金から逃げ切れるか?

新書|詳細

巨大企業は税金から逃げ切れるか?

キョダイキギョウハゼイキンカラニゲキレルカ?
2017年4月18日発売
定価(本体740円+税)
ISBN 978-4-334-03981-3
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

巨大企業は税金から逃げ切れるか?パナマ文書以後の国際租税回避深見浩一郎/著

世界を震撼させたパナマ文書漏洩事件。「税金天国」を提供していたタックス・ヘイブンは、告発サイトによってその秘密が暴かれた。ウィキリークスのアサンジが語ったように、「ネット社会にその居場所はなくなった」のだ。だが、深層ウェッブの世界における暗号技術と仮想通貨の進化は、「新たなタックス・ヘイブンの出現」を予感させている。
超富裕層やグローバル企業に富が偏在する現代。私たちは国際的租税回避問題とどう向き合うべきなのか。事件の本質、EUと多国籍企業の税金を巡る争い、仮想通貨、近未来の金融、そしてサイバー空間での国際課税のあり方などを検討しながら、そのヒントを探る。

目次

まえがき
第1章    すべては隠すために
――タックス・ヘイブンとオフショア・ビジネス
第2章    アップルは税金から逃げ切れるか?
――“ポスト”金融資本主義時代の多国籍企業
第3章    仮想通貨ビットコイン
――租税回避の未来
第4章    タックス・ヘイブン2・0
――租税回避の進化
第5章    サイバー空間と国家
補 論 
あとがき

著者紹介

深見浩一郎(ふかみこういちろう)
1956年生まれ。東京都出身。公認会計士・税理士。大手都市銀行、大手国内監査法人、外資系コンサルティング会社を経て、2001年に独立。現在、深見公認会計士事務所代表、株式会社ERC代表取締役。著書に『IFRSの会計――「国際会計基準」の潮流を読む』(光文社新書)、『<税金逃れ>の衝撃――国家を蝕む脱法者たち』(講談社現代新書)がある。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社