• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > 電通とFIFA

新書|詳細

電通とFIFA

デンツウトフィファ
2016年2月18日発売
定価(本体760円+税)
ISBN 978-4-334-03903-5
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

電通とFIFAサッカーに群がる男たち田崎健太/著

今回のFIFA摘発の一つのきっかけは、欧州のジャーナリストたちのしぶとい調査報道だった。ただ、彼らの報道の根底には、サッカーは西欧州が仕切るべき世界であり、それ以外の人間に主導権を握られるのは我慢できないという“西欧州中心主義”ともいうべき思想が見え隠れしているようにも思えた。(本文より)
ワールドカップ開催、それにともない巨大化するスポンサーと放映権にまつわるカネ――。70年代半ばまでヨーロッパ中心だったサッカー界を大きく成長させ、そして腐敗させたアベランジェとブラッターというFIFAのドン。その背景には、日本の総合広告代理店・電通の影があった。世界のサッカーを“仕切る”のは誰なのか?巨大化するサッカーとカネの関係にメスを入れる、ノンフィクション作家・田崎健太の意欲作。

目次

第一章 ペレを日本に呼んだ男
第二章 現金入りの封筒
第三章 契約解除通告
第四章 兄弟
第五章 日本か、韓国か
第六章 全員悪人

著者紹介

田崎健太(たざきけんた)
ノンフィクション作家。1968年京都府生まれ。早稲田大学法学部卒業後、小学館に入社。「週刊ポスト」編集部などを経て、1999年末に退社。スポーツ、政治、旅などさまざまなテーマのノンフィクション作品を発表。多数の証言を元にプロレス界に迫った『真説・長州力 1951‐2015』(集英社インターナショナル)、自ら命を絶った元メジャーリーガーを追った『球童 伊良部秀輝伝』(講談社、ミズノスポーツライター賞優秀賞)、名優と昭和の映画界を描いた『偶然完全 勝新太郎伝』(講談社+α文庫)など著書多数。早稲田大学スポーツ産業研究所招聘研究員。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社