• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > ものづくり成長戦略

新書|詳細

ものづくり成長戦略

モノヅクリセイチョウセンリャク
2013年8月9日発売
定価(本体740円+税)
ISBN 978-4-334-03757-4
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

関連おすすめ本 -同じ著者の本-

ものづくり成長戦略「産・金・官・学」の地域連携が日本を変える藤本隆宏/編著 柴田孝/編著

本書では、いま日本経済の土台の部分で始まっている一つの動きについてお話しをする。その主役は、第一には、地域で活躍するものづくり現場改善の「インストラクター」、第二には、地域の「インストラクター養成スクール」である。(第一部「ものづくり復活の夜明け」より抜粋)
日本全体の視点で見たとき、地域の地道なものづくり改善運動の積み重ねは何を意味するのか。それはいうまでもなく、日本経済の「成長」である。
東京大学「ものづくり経営研究センター」の誕生から全国に広がったプロジェクト。群馬県、滋賀県野洲市、山形県米沢市など地域連携の実際の活動を報告しながら、「現場発、ものづくり長期成長戦略とは何か」を考える。

目次

まえがき
【第一部】    ものづくり復活の夜明け
第一章 ものづくり成長戦略とは何か
第二章 東大発、地域へ
【第二部】 <地域>が動き始める
第一章    地域一体でつくったスクール ―― 群馬県のケース
第二章    新たな地域産業政策 ―― 滋賀県野洲市のケース
第三章    劇的なV字回復の背景 ―― 山形県米沢市のケース
第四章    地域スクールを立ち上げるには
第五章    地方金融機関の役割
【第三部】改善の現場、四つの物語
第一章    全社一丸での「流れづくり」
第二章    改善のダイバーシティ
第三章    褒めて育てる改善
第四章    ひとりで見る夢、みんなで見る夢
終章 知識連携のネットワーク
あとがき

著者紹介

藤本隆宏(ふじもとたかひろ)
1955年東京都生まれ。東京大学経済学部卒業。三菱総合研究所を経て、ハーバード大学ビジネススクール博士課程修了(D.B.A.)。現在、東京大学大学院経済学研究科教授兼ものづくり経営研究センター長。専攻は技術管理論・生産管理論・経営管理論。
柴田孝
(しばたたかし)
1946年米沢市生まれ。山形大学教授(産学連携)。69年米沢製作所(NEC米沢)入社。デジタル機器開発を先導、コンカレントエンジニアリング、デジタルものづくりなど新しい設計管理手法を用い、ノートパソコンの事業化に成功。98年から社内ベンチャー経営に従事、2008年より現職。中小企業の経営・生産革新、ものづくりインストラクター養成を推進中。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社